チョヤンホ氏、イミョンヒ氏夫婦揃って強烈パワハラの実態とは?

韓進グループの会長のチョヤンホ氏、夫人のイミョンヒ氏に新たなパワハラ疑惑が持ち上がっています。

一家全員でこんなに世間に叩かれるなんて普段からよほど反感を買っていたのでしょう。

というか、酷すぎるのは誰の目から見ても明白なのです。

スポンサーリンク



もはやパワハラを越えている!?やはり会長チョヤンホ氏も酷かった!

会長夫妻がグループ会社の中華料理店で従業員全員を怒鳴りつけ、さらには総支配人や調理責任者まで殴りつけてガラスの器を従業員に投げつけたといいます。

「当たってもじっとしていなければなりませんでした。」

と従業員は証言しています。

いくら会長といえどもここまでの横暴な行為が許されるわけがありません。

チョヤンホ氏関連記事はこちら

ナッツ姫、水かけ姫、暴力王子、暴言女王ときたら忘れてならないのは王様です。 今まで家族のパワハラ問題に対して謝罪する姿...

イミョンヒ氏関連記事はこちら

暴言女王のパワハラが報道されてからしばらく経ちますが次々にパワハラが行われている映像が出てきています。 今回は韓国ネットメディ...
イミョンヒ氏とは韓進グループのイルウ財団理事長です。 イルウ財団理事長であるという事よりも現在はナッツ姫ことチョヒョン...

さらに新しく公開されたパワハラは妊娠中の従業員に対しての事です。

イミョンヒ氏は傘をさしていましたが妊婦の従業員は雨に濡れていました。

妊娠しているのを理解している上でこのように全く気遣いもなく自分さえ良ければと思うこの行動。

他の従業員によると

「イミョンヒ氏は従業員を人とも思っていないんです。でなければあんなことできるはずがありません 。」

とのことです。

ここまで次々に暴露されるパワハラの実態。

もはや大韓航空だけではなく一族を追放しようという新たな動きがあるように感じます。

スポンサーリンク



運転手が証言!イミョンヒ氏の信じられない行動とは?

運転手に暴言を浴びせている音声が公開されました。

「これはなぜ下に置いているんだ。すぐに直せこの☓☓☓。」

この☓☓☓は公共の場では不適切な言葉が入ります。

テレビではピーとなる言葉です。

運転手さんの証言によるとイミョンヒ氏が激昂した原因は

  1. 買い物が十分にできなかったから
  2. 退勤してもいいか尋ねたから
  3. 三つ目家に生姜がなかったから

少しでも不愉快に思うとすぐ怒るなんて従業員からしたらたまったものではありません。

しかも生姜って…

もはや意味不明ですよね。

しかも暴言だけではなく麺棒を投げつけたのだといいます。

綿棒ではありませんよ、あの麺を作る時に生地を伸ばす太い木の棒です。

麺棒が当たって目が腫れ上がり病院に行くこともあったそうです。

可哀想すぎますね。

軽く投げるのではなく完全にバンッと投げる感じだったそうです。

あんな木の棒を思い切り投げられた場合、ケガをしてしまうことは容易に想像できそうですが。

たかが家に生姜がなかっただけでこれほどのキレ具合とはなかなかなものです。

今まで生姜が無いだけでここまで怒る人に会ったことがありません。

ナッツ姫にいたっては離婚の危機になっているという…

自宅ではどのような振る舞いをしているのか分かりませんが、夫から見ると嫌になるのは当然でしょう。

夫が離婚と双子の子供の養育権を求め提訴しています。

ナッツ姫の夫は韓国で有名な美容整形外科医院の院長です。

出会いは小学校の同級生であり財閥としては珍しい恋愛結婚です。

韓国財閥は政略結婚がほとんどのようですから。

その夫が訴えを起こした理由としては ナッツリターン事件後家庭不和になったこと、 もう一個が自分も韓進グループからの仕事の斡旋を疑われるからグループと距離を取りたかったと韓国の国民日報は伝えています。

普通の感覚を持った人だったらこの家族は何かおかしいぞと思うことは間違いありません。

韓国中で話題の人物の子どもですからいじめられたりする可能性もあります。

ですから夫か養育権を主張しているわけです。

当たり前ですね。

子ども達は何も悪くないですから。

さいごに

イミョンヒ氏は公私で問題を起こしています。

大韓航空でのパワハラと、もう一つは家庭での専属家政婦などに暴行を加えたり暴言を吐いたりしています。

蹴飛ばされたとか唾をかけられたとかその手の証言が多数あります。

聞いていて呆れるものばかりです。

会長夫人は捕まるのを防ぐために関係者を懐柔したりしていますので警察は早く証拠を固め拘束をしないと何をするか分かりません 。

おそらく真実が闇の中に葬られる可能性が大です。

新たな被害者を生まないためにもしっかりと調査を行ってほしいものですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする