【カスハラ】あなたのお店は大丈夫?カスタマーハラスメントの恐怖!

カスタマーハラスメントという言葉をご存じでしょうか?

文字通り

カスタマー⇒顧客

ハラスメント⇒いやがらせ、困ること

を併せた言葉でいわゆる「客からの悪質ないやがらせ」のことです。

結局は自己中心的で勝手な要求ばかりいう困った人達ということですね。

どこにでもいるものですよね、自分が客だと思って縦横無尽な振る舞いをしてしまうという人達が。

店側がよほど失礼な行為をしてしまったならば怒るのは仕方ないですが、カスタマーハラスメントを行う人達は大した事がないことでも因縁をつけてくるものです。

そこまで文句を言うのならもう二度と行かなければ良いだけの話だと思うのですが...

価格の安い店にそれ以上の対応を求めるのはおかしなものです。サービスも込みの価格設定なのですからカスハラを行う人達は高価格のお店に行けば文句も少なくて済むでしょうに。

ただ謝れと言ってくるだけではない!悪質なカスタマーハラスメントに絶句

カスタマーハラスメント(以下カスハラという)は自己中心的なものばかりなので、他の正常な人からするとあきれるようなものばかりです。あきれるというかもはや恥ずかしいというレベルのものですね。

デートで行った店で相方が理不尽にスタッフに対して文句言いまくっていたら、あなたはどう思いますか?

正常な感覚の持ち主であればスタッフに相当な落ち度がない限り、「もうこの人ダメだ。」と思ってしまうでしょう。

カスハラは恫喝や脅迫・理不尽な要求は当たり前に行いますから「お客様は絶対」とか「お客様は神様だ」なんて思っているに違いありません。値段以上の要求をしてはいけません。

コンビニ店員にブチ切れる中年おやじの話

以前の話ですがコンビニで店員に向かって怒鳴っている中年の男性がいました。自分の求めている商品が無かったからのようですが、あなたならこういう場合どうしますか?怒鳴りますか?

店員が「そんなもんねえよ、他に行けば。」みたいな態度をとっていたなら話は別ですが、明らかに普通の対応をしていたように思います。

そしてレジの後ろは大混雑。

この中年男性は営業妨害でもしに来たのでしょうか。

その後オーナーらしき人物と一緒に外に連れ出されて何やら話こんでいたわけですが、解決したのかしないのか怒り気味で帰っていきました。どうせ帰った後にカスタマーセンターにでも電話してクレーム言いまくるような雰囲気満点でしたね。

こういう事が起こるとレジに並んでいる客が迷惑なばかりかその店に対する印象も悪くなってしまうことでしょう。そんな事で客足が遠のくというのは腑に落ちませんよね。

江戸時代位だったら店主が「おい、表に塩撒いとけ」というレベルかもしれませんね。

セルフサービスの店なのに「水も出ないのか」とブチ切れる老人

水などはセルフサービスでお願いしますというお店も多いですよね。それを分かってか分からないでか席に鎮座し「おい、水も出ないのかこの店は!」と怒鳴り散らす老人。

店員も周りの人もあっけにとられている様子。しかし老人は「水持って来い」との一点張りで怒鳴り散らす。

しかたなく店員が水を持って行って「当店はセルフサービスとなっております。」と説明しても全然効果なし。

その店は食べ物も自分で運ぶシステムですが、「席まで聞きにくるのが常識だろ!」などという意味不明な発言を繰り返す始末。

結局怒鳴り散らしてそのまま帰っていった。店の中にいた他のお客の気分を害した事は間違いないですね。

というか私もその一員でしたけどね。同じような光景をセルフのガソリンスタンドでも見たことがあります。

世の中変わった人がいるものですね。恥ずかしくはないのでしょうか。

カスハラのよる被害はただ怒りまくるだけではないんです!

ただ怒っているだけだったらまだしも金銭を要求されたり、電話口で何時間も怒鳴られ続けて他のお客の対応ができなくなるとか飲食店だとお金を払わないなどかなり困った状態になるそうです。

このような人達を「お客」とよんではいけません。ただのいやがらせしに来た悪質な人です。

こんな事がまかりとおるから、さらにこのような事を助長させているのでしょうね。

しかしながら一応客として扱わなければならない...そこがきっぱりと断れない大きな原因の一つであるといえるでしょう。

しかもカスハラを行う人達は他の店で受けたサービスが当たり前の事だと思っているのでしょうね。だからそれ以下のサービスであれば怒り狂うわけです。

何でもそうですが、値段相応というものです。サービスも質も。このような事を全く理解できないような人達がカスハラを行ってしまうのでしょうね。

お店はカスハラを行う人達のストレスの発散場所ではありません!

現代社会はストレスが多いと思います。それをどこにも発散できずにお店の店員やカスタマーセンターのような自分に何も言えない人達に当たり散らすというのも立派なカスハラです。

企業側からすれば迷惑そのものなのでやめてほしいものです。

まとめ

カスハラは結局のところ自分勝手で理不尽なことばかりを喚き散らすとんでもない人達ということですね。もはや犯罪行為のようなとんでもない事を言ってくることがありますので、巻き込まれそうになったら警察に相談してみてもよいかもしれません。カスハラと苦情は判断がつきにくく後者は企業としてはしっかりと受け止めなければなりません。カスハラと苦情をはっきりと区別できるようになれば対策を考えることもできるのですが現状では難しいようです。

こんなハラスメントもあります!レイシャルハラスメントとは?

 

 

 

おすすめの記事