ファンと非接触:在宅アイドル増加の実態とは?

今、在宅アイドルが増加しているということが注目されています。

そもそも在宅アイドルとは何なのか?

その名のとおり自宅から出ずに活動するアイドルの事をいいます。

ということはAKB48のようなファンと交流するイベントはもちろん行わないし、ファンの前に登場するといったこともないのです。

しかし、最近はその「在宅アイドル」の需要が高まっているといいます。

需要の高まりに伴い在宅で活動するアイドルが増加しているのです。

会えないのがウリのアイドルなんです。




ネットユーザーからの根強い支持を受ける在宅アイドル!どうやって収入を得ているの?

今やインターネットの幅広い普及に伴ってSNSやネット配信という手段も日常的に使われるようになってきました。

ネットの中で全てやり取りするので、直接ファンと接触することはないので安全性は確保されます。

身体的や精神的のストレスもファンの前に出るアイドルと比べればかなり少ないのではないでしょうか。

しかもユーザーと直接やりとりがないということは人見知りの人でも十分に活動ができるわけです。

電話とかネットでは普段面と向かって言えないことでも言えますからね。

直接会うことによってファンに現実を見られなくするというメリットが…

直接会うと

「画面を通して観ていた時と何か違うぞ。」

疲労度が高まってくると対応も雑になり

「塩対応された~」

などとイメージを低下させるというデメリットが生じてくるものです。



しかも人と会うのが得意な人ばかりでないのが現実ですから。

ファンは交流するのを楽しみにやってきて、頭の中のイメージと違った場合はやはり離れていくものです。

在宅であれば自分のコンディションに合わせてベストな状態の自分を見せることができますからファンのイメージを崩さないわけです。

アイドルというのはそもそもファンの頭の中で創造性の高まりによってファンにとって心を揺さぶられる存在になるのですが、「会うことができるアイドル」の出現によって立ち位置が変わってしまいました。

この在宅アイドルの増加によってより良いアイドル像がファンのイメージの中で膨らんでいくでしょう。

どうやって収入を得ているの?

通常のアイドルであれば事務所からの給料などで成り立っているのでしょうが、在宅アイドルは違います。

在宅アイドルはAmazonの欲しいものリストを公開して、ファンから買ってもらったり「投げ銭サービス」を利用してギフトを施されたりしています。

投げ銭サービスについてはこちらの記事もご覧ください

少し前に炎上してすぐにサービスを停止した投げ銭サービスosushi。 簡単にいうと誰かにお金をあげることができるサービスです。 ...

あくまでファンと非接触なわけですから、直接受け取ることもできないわけでインターネット上で受け取るわけなのです。

住所を公開して送ってもらうのもかなりのリスクが伴いますし、これが最善策というわけです。

人気の在宅アイドルになると通常のアイドルよりも高収入を得ていたりするのです。

あなどれませんよ、在宅アイドルも。




さいごに

これからどんどん在宅アイドルは増加していくことが予想されます。

現在のネット社会では当然の流れかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする