台風21号915hPaまで発達する見通しです!週明けは最大限の警戒を!

今年は本当に台風が多いですね。週明けに日本列島に接近上陸する恐れのある台風21号チェ―ビーがなんと中心気圧が915hPaまで低下して猛烈な台風になる可能性が出てきました。現時点では非常に強い台風ですが土曜日から日曜日にかけて発達するようです。日本っていつも台風の通り道になってしまいますね…これだけの強さの台風が上陸した場合は被害も甚大になる事が良そうされますので今後の動向に要注意です。

スポンサーリンク


猛烈な台風まで発達は今年3個目!猛烈な台風とはどのようなものなのか?

今回日本に接近してきているのは台風21号のチェービーです。チェ―ビーとは韓国が提案した名前で燕という意味なのです。とんでもなく凶悪な燕が日本に襲来することになりそうです。

もうすでに台風の目がかなりくっきりしていて勢力の強さが分かります。

猛烈な台風に発達した場合は中心付近は風速55m/s、最大瞬間風速75m/sって相当ヤバいですよ。最大瞬間風速75km/sとは時速に換算すると270kmくらいになります。時速270kmで走っている車の窓から顔を出したらどうなるか考えたことありますか?もし外を歩いていたらその強烈な風を全身で受けることになります。おそらく吹き飛ばされることでしょう。

土曜日から日曜日にかけて猛烈な台風になる見込みです。

ちなみに台風の強さは

  • 強い    最大風速33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
  • 非常に強い 最大風速44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
  • 猛烈な   最大風速54m/s(105ノット)以上

となっています。

スポンサーリンク



猛烈になる見込みの台風21号の最大風速55m/s、瞬間最大風速75m/sでの影響は?

ただ猛烈な強さといってもなかなか想像がつかないですよね。ただ強すぎて想定がつかないので気象庁の風の吹き方と強さの表を載せておきますね。


気象庁より引用
これを見ても分かるように外に出るのはとっても危険というか、おそらく飛ばされますのでやめたほうがよいですね。街路樹も倒れて車も横転する可能性もありますから自宅待機がベストでしょう。

こんなに危険な状態になり得るのに雨による増水を川へ見に行ったり、大波を海に見に行ったりするのは命に関わるので絶対に控えてくださいね。

さいごに

今後本州に向かって北上する予想で勢力も進路もとても脅威を感じます。今のところは火曜日の午後には日本のすぐ南まで到達するようですが太平洋高気圧や偏西風などの兼ね合いにより速度を上げていれば予想よりもかなり早く日本に到達する恐れもありますので今後の情報に注意してくださいね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする