コーヒーを飲むと眠くならないの?眠気を覚ますにはコーヒーよりも〇〇がオススメです!

夜眠くなるのは人間仕方がない事だといえます。しかしながら深夜に勉強したり夜勤で眠気を我慢しなければばらばいということも多々あるでしょう。昔に比べると夜更かしする人は格段に増えているのではないかと思います。

皆さんは眠気を覚ます時どうしていますか?

一般的にはコーヒーを飲んでカフェインを摂取する、顔を洗う、シャワーを浴びるなど色々あると思いますが、苦いコーヒーを飲んで眠気を覚まそうとする方が非常に多い事と思います。しかしながらコーヒーを飲めば本当に眠くならないものなのでしょうか?

実はコーヒーのカフェイン程度では全然眠気は覚めません!コーヒーよりも日本人に親しみのある飲み物の方が効果的だという事実…

「眠いからコーヒーでも飲もうかな。」

眠くなったけどどうしてもやらなければならない事がある。しかし強烈な眠気が襲ってきて何も手につかなくなるという経験がありませんか?

その眠気を覚ますためにコーヒーを飲んだことありますか?

一般的に眠気を減少させることができるというコーヒーですが実はコーヒー程度では眠気覚ましとしてはあまり効果が無いんです!

これ薄々感じていた方は多いのではないでしょうか?

眠い時にコーヒーを飲んでも普通に眠くなってしまいますし、すぐにでも寝ることができるはずです。

中には例外としてカフェインの感受性が非常に高い方もおられることでしょうけど、一般的にはコーヒーを2・3杯飲んだところで何も変わりません。

大量に飲んでカフェインの量がある一定のところまで摂取できれば覚醒作用は当然出てきますが、コーヒーをそんなに多く飲めませんし気持ち悪くなることさえあります。

眠気覚ましとして考えるならコーヒーよりも断然「玉露」です!

コーヒー豆に含まれるカフェインの量は1.3%ですが飲む状態になると約0.04%ととんでもなく薄まってしまうのです。

よく飲まれる飲み物の100gあたりのカフェインの量は断然「玉露」が群を抜いているように感じます。

一般的な飲み物のカフェインの量

飲み物100gあたりのカフェインの量をご紹介します。濃さによって多少の差はあると思いますが、参考程度に。

玉露 0.16g

コーヒー 0.06g

紅茶 0.03g

ウーロン茶 0.02g

煎茶 0.02g

このようにコーヒーは飲み物の中では大して眠気覚ましには効果が薄いのです。

さいごに

コーヒーは眠気覚ましの効果は薄いものの、口いっぱいに広がる香ばしさと苦みがクセになる飲み物です。あのコーヒーがやめられなくなる裏側にはそういったカフェインの作用も含まれているのかもしれませんね。ただ人によってカフェインの感受性には違いがあると思いますので参考程度にしてください。あくまで一般的なものです。頭でコーヒーや玉露を飲むと眠れなくなると思い込んでいる人にとっては効果が倍増するかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする