2019年10月11日配信

大型で非常に強い台風19号が現在日本に向けて南海上を北上しています。報道等で台風19号の危険性が繰り返し伝えられていますね。台風19号の勢力は衰えず、12日の午後から夜遅くにかけて東日本に接近し上陸する見通しだそうです。

3連休ですからお出かけの予定が...という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?今回ばかりはあきらめるしかありませんね。

11日午前の段階で台風19号の目がくっきりしていて猛威がうかがえます。

1958年1200人以上の犠牲者を出した狩野川台風に雨量が匹敵するおそれあり

今回の台風19号に伴う総雨量がとんでもない量になるのではないかと騒がれています。

1958年に関東地方を中心にとんでもない被害を出した狩野川台風。

土砂災害や河川氾濫を引き起こし、1200人以上の犠牲者を出した記録的な雨量が観測された台風です。

今回もその狩野川台風の雨量に匹敵する可能性があるということで不要不急の外出は控えましょう。

氾濫しそうな川や水があふれた田んぼを見に行ってはいけません。

今後の台風19号は?

台風19号は、11日正午の時点で中心の気圧は925ヘクトパスカル中心付近の最大風速は50メートルととんでもない勢力を維持しています。

明日12日土曜日は東日本を中心に猛烈な風が吹くのだそうです。

しかも東海・関東甲信地方では瞬間風速60メートルと人が飛ばされてもおかしくないような暴風が吹く可能性があるということなので飛ばされたくなければ自宅でおとなしくしているのが賢明ですね。

雨も台風の接近前から降り出して西日本から東北まで広い範囲で影響が出そうですね。

12日朝から13日朝までで東海地方で600~800ミリ・関東甲信地方で300~500ミリ雨が降ると予想されていますが、これが予想通りとなると各地で甚大な被害が出るかもしれません。

さいごに

台風対策は台風が来てからでは遅いです。今日今のうちに済ませておく事が大事です。明日は一日中台風の状況に左右されそうですね。被害が最小限になるように願うばかりです。

これを読んだ方におすすめ☟

 

おすすめの記事