【熱中症対策】お茶や水では熱中症が悪化する恐れあり!?

全国各地で今年の最高気温を更新するような猛暑日が続いていますが、猛暑日で気温が高いといえば、すぐに頭に思い浮かんでくるのは「熱中症」です。

高温多湿な環境に身体がついていかなくなった時に見られる症状の総称を熱中症と呼ぶわけですが、熱中症を予防するために皆さんはどのような対策をしていますか?

一番簡単にできるのは「水分摂取」ではないでしょうか。

その水分摂取ですが水分だからといって何を飲んでもよいかというとそれは大きな間違いなのです。

スポンサーリンク


熱中症対策にはお茶や水はNG!経口補水液で効果的な水分補給をしましょう!

熱中症対策には水分補給が基本であることはだれもがご存知のはず。

案外知らないのは補給するは電解質を含んだものでなくては意味がないどころか、かえって症状を悪化してしまう可能性があるということです。

電解質(ミネラル)はよく聞く「ナトリウム」を含む飲料という事ですね。

よくお茶や水を飲んでいる人を見かけますが、ただ好きで飲んでいるのなら良いですが熱中症対策として摂取しているのなら飲み物を変えた方がよいでしょう。

何でお茶や水だとダメなの?じゃあスポーツドリンクでいいよね?

水やお茶では熱中症対策にならない理由、それは

「電解質が不十分であること。」です。

電解質が少ない飲み物を摂取すると脱水をかえって悪化させることもあります。

スポーツドリンクでも熱中症対策になりますが、それでも電解質がやや少なく、糖質が無駄に多いのでベストではありません。

スポンサーリンク



熱中症対策で理想的な飲み物は0.1%~0.2%の食塩水です!

0.1%~0.2%の食塩水を飲めば良いわけですが、そんなもの面倒で作りたくないし、他人がそれを飲んでいるのも日常生活の中では見たことがありません。

毎朝塩の量を計りながら、その日飲む分を作るなんて三日坊主で終わりそうですよね。

熱中症対策には簡単便利な経口補水液でラクラク摂取!

やはり手軽に摂取できるのは経口補水液です。

経口補水液は食塩の濃度が0.1%~0.2%に調整されています。

定番はやはり大塚製薬の経口補水液OS-1(オーエスワン)でしょう!

ネットで買うと店舗から重い箱をせっせと運ばなくてもよいので便利ですよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料!!】大塚製薬オーエスワン(OS-1) 500mlX24本
価格:3880円(税込、送料別) (2018/7/11時点)

もはやCMでもおなじみの商品ですから、知名度はかなり高いですよね。

何度も言いますが熱中症対策には経口補水液が脱水の予防、治療にかなり有効です。

7月でもこの暑さ、これからも猛暑は続くでしょうから自宅に常備しておくとよいですよ。

特にスポーツや炎天下での作業を行う方は常に携帯しておいたほうが良さそうです。

やはり細やかな水分摂取が一番の熱中症対策になります。

熱中症になった時の体の冷却法とは?

明らかに異常な発汗や体温の上昇または気持ち悪さ、だるさを感じたら身体を冷却することも重要です。

そこで問題になってくるのが「身体のどこを冷やすのか」ということです。

額に冷却シートを貼って冷やした気になっている方も見かけますが全く体温を下げることはできていません。

冷却シートが効果的な時はせいぜい暑くて寝苦しい時くらいではないでしょうか。

太い血管が通っているところを冷やすのが一番効果的です!

身体の中に流れている血液を冷やせば効果的な冷却ができます。

「体の中で太い血管が通っている場所」

  • 腋窩(脇の下)
  • 足の付け根(そけい部)

これらが代表的な場所といえるでしょう。

この場所をしっかりと保冷剤で冷やすことがコツです。冷却シートでは不十分です。(何もないよりはよいですが。もし本当に何もなければ水をかけてうちわであおいであげる事により熱を奪うことができます。)

スポンサーリンク



さいごに

熱中症は重度になると命の危険を及ぼすような危険な病気です。

効果的な水分摂取でこの暑い夏を乗り切りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする