セネガル戦:GK川島永嗣はなぜあのボールをパンチングしたのか?

サッカー日本代表はセネガルと2-2で引き分け勝ち点1を得ました。

しかしながら一点目の失点は明らかにGK川島永嗣の判断ミスが失点に繋がったのではないでしょうか?

でも、あの場面では正常な判断を下すのは大変難しい事だと思いますが、あの失点が無ければ決勝トーナメント進出となっていただけあって悔やまれます。

しかし他のGKだったらあの失点は無かったかというと100%ないとは言い切れません。

スポンサーリンク



日本代表GK川島永嗣のパンチングにより失点!あそこでパンチングは無いでしょ

マネが足伸ばそうとしてるのをみて、恐らくパンチングの判断をしたと思ったのだが、

本人が後の会見で

「周りが見えていなかった」

と言っているのを見て詰めてきているマネが見えていなかった可能性がありますね。

しかしなぜあのボールをパンチングしたのか?
明らかに川島ならキャッチできたボール。

まるで弾いたボールが出合い頭のセネガル人に接触し、入ってしまったという事故的なものなのか。

専門家ではないので確定的な事は言えないんですけどね。


ツイッターより引用

詰めていた選手にまんまと押し込まれたような形です。

しかし川島選手だけが悪いかと言ったらそうでもありません。

マネをフリーにさせていたDF陣にも問題があります。


ツイッターより引用

原口選手の冷めた目線が何だか怖いですね。

「俺は前線でガンガン張り合っているのに、たまにしかボールを触らないお前。そんなとき位しっかりとれよ~」

と聞こえてきそうな感じです。

専門家からするとパンチングの判断は間違っていなかったそうです。が弾く方向が悪すぎましたね。

スポンサーリンク



さいごに

日本時間23時キックオフのポーランド戦が日本が決勝トーナメント進出できるかの大一番になります。

引き分け以上で決勝トーナメント進出となるのですが、相手はFIFAランキング8位の強豪です。

今の日本代表なら大丈夫です。

がんばれ、日本代表!

こちらの記事もおすすめです⇩

サッカーFIFAワールドカップが盛り上がりを見せています。 日本代表の活躍ぶりも素晴らしいものがありますね。 初戦のコロ...
日本代表がコロンビアに勝ち、大混戦が予想されるグループH。 次の対戦相手は攻撃陣のスピードは世界屈指のセネガルです。 セ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする