笠松競馬場と就職内定者のTwitter上での公開説教が話題になっています!

笠松競馬場とは岐阜県羽島郡笠松町にある地方競馬場でかの有名なオグリキャップを輩出したことでも有名です。その笠松競馬場の公式Twitterがあるのですがそれが今話題となっているのです。

何が話題?すごい馬でも出そうなの?すごいジョッキーでもいるの?

という話であれば良かったのですが….

就職内定者と笠松競馬場の研修担当のやりとりが話題となっています。

就職内定者の不適切ツイートに笠松競馬場研修担当が一喝!その内容とは?

研修担当者としてはツイッター上で笠松競馬場の就職内定者に好き勝手書かれてそれを発見して放っておくことはできなかったのでしょう。

地方競馬場の職員は地方公務員であり、しかも公営競技を取り仕切っているわけですからしっかりとしてもらわなければ困るのです。

こういう人が職場に入ってくると不安でしかありません。何でもかんでもSNS上にアップしてしまいそうでバイトテロとさほど変わらないように思います。

そのツイートによって伝統ある笠松競馬場の品格を著しく低下させてしまう可能性だってあるのですから。

ではどのような内容でツイートされていたのでしょうか?

就職内定者は鍵アカになっていますのでご紹介できませんが笠松競馬場のものは残っていますのでそれをご紹介します。

就職内定者⇒笠松競馬場に運よく引っ掛かった

これも笠松競馬場側としてはできるだけ慎重に人選していると思いますから運よく引っ掛かったなんて言われたら困りますよね。

就職できなかった人にとってもこの「引っ掛かった」発言は到底許容できるものではないでしょう。

Twitterより引用

就職内定者⇒仮採用の内は下手なことをしないけど半年後に本採用になったら「はっちゃけてやる」

確かに研修担当の方の意見はごもっともであり、正式に採用になってから「はっちゃけられる」と困ります。公営競馬場の職員がはっちゃけるとはどのような行動を意味するのでしょうか?こんな事を公の場で言われると笠松競馬場側では警戒して当然でしょう。

Twitterより引用

公営競技の職員として公言していると怪しい輩が近寄ってくる恐れだってありますよ

Twitterより引用

さいごに

今回の就職内定者に関しても、なぜ笠松競馬場関係者の目につくところでこのようなツイートをしたのか謎ですよね。こんなツイートしたら心象が悪くなるのは当然のことですし自分の今後を自ら不利にしてどうするつもりなのでしょうか。

パワハラだとか騒いでいる人が多くいると思いますが、こんな事がパワハラだったら上司は部下に一切注意できない環境で働いている方々なのでしょうね。ただツイッターという公の場でのやりとりではないような気がしますが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする