浜松女性看護師殺害事件と闇サイトの関連性とは?ダークウェブの恐怖!

静岡県藤枝市で今月9日発見された女性の遺体。

警察の発表では

「本年5月28日関係者から警察への行方不明者の届け出があり捜索を実施中のところ捜索中の警察官が死体を発見しました。」

見つかったのは静岡県浜松市の看護師内山茉由子さん29歳で5月26日から行方が分からなくなっていて一週間後変わり果てた姿で見つかってしまったのです。

内山さんの近所に住む人は

「本当に事件を聞いてびっくりです。」

「真面目な方と言うか大人っぽいと言うかそんな感じでした。」

とか言っているのがテレビで映し出されていました。

このような事件に巻き込まれるとは誰も思わないような大人しい女性だったのでしょう。

スポンサーリンク


容疑者二人監禁容疑で逮捕!犯罪者たちの繋がりは「闇サイト」最下層にある闇サイトとは?

11日40代男が愛知県名古屋市内の警察署に出頭して監禁の疑いで逮捕されました。

しかし防犯カメラに映っていたのは「複数人」の男です。

もう一人の20代の男も監禁逮捕されたわけですが、どうやらまだ関与した犯人はいるようです。

警察は逮捕された二人の他に犯行に関与する人物がいるとみて捜査しています

しかしこの40代の男は遺体遺棄については関与を否定しているということです。

 犯行に及んだ男たちと29歳の看護師の接点とは?

事件が起きたのは先月29日で被害にあった内山さんは午前中に仕事を終え、買い物に行くと言ってすぐ外出したようです。

買い物帰りにでもフィットネスクラブに寄ったのでしょう。

普段の何気ない生活がここで一変することになってしまったのです。

浜松市内にあるフィットネスクラブにある駐車場。

少し余談になるのですが、

実は私、浜松市在住でありまして昔この駐車場で彼女を車の中で待たせておいて3時間くらいパチンコしていたことがあるんですよね。

ああ~連れ去られなくて良かった。

というかそのような事は金輪際しません。

当時はそのような事全く考えていなかった自分に反省です…

はい、話は戻りまして

午後6時頃のことフィットネスクラブを利用してご自分の車に乗ろうとした内山さんが突然複数の男に車内に押し込まれたわけです。

そのフィットネスクラブを利用する人にとってはたまったものではありません。

「あのジム昨日行ったよ~ああ、マジか。」

「え、あそこって自分が行ってるところだよね。」

という感じであの周辺に住んでいる浜松市民にとってはものすごく身近な場所なのです。

夜になってもパチンコ店が併設されているため車も結構止まっています。

内山さんが連れ去られたのは土曜日ですが、休日となればあの駐車場は確実に混んでいる場所の一つに数えられます。

しかも今の季節午後6時なんていうとまだ明るいのはもちろんの事、隣接する道路にはたくさんの車が走っている時間です。

しかも信号機があるため多くの車が停車している場合もあります。

しかも駐車場内には防犯カメラも設置されているんです。

ですから大変目に付きやすい場所と言えるのです。

近隣の浜松市民としても

「パチンコ屋とジムがあるんで、いつも混んでますよ。」

「こんなに車も走っているし、絶対に人目にはつく場所です。」

というように人気がなく危ない場所では決してないのです。

しかもこの事件犯人と内山さんに接点はないのではないかと言われています。

供述でも犯人の二人は面識はなかったと言っています。

なんで全然関係性がない内山さんが巻き込まれることになってしまったのでしょうか。

それには闇サイトと呼ばれる犯罪の温床ともいえるウェブサイトが関連していたのです。

内山さんは浜松市から約50㎞離れた藤枝市の山中で遺体されてしまいました

人目に付く可能性が極めて高い場所で犯行に及んだ事件ではっきり言ってずさんな行為であるといえます。

浜松市で連れ去られた内山さんは2週間ほど経った今月9日遺体で発見されました。

遺体遺棄現場への道路はほとんど車も通らず苔が生えるようなとんでもない山奥です。

内山さんの遺体は道路から少し入ったところに埋められたということです。

遺体は土を被せられ深さ20cmの地中に全身を埋められた状態でした。

目立った外傷はなく司法解剖では死因特定には至らなかったということです。

しかしこんな山奥に埋められていても発見するなんて警察ってすごいですね。

たくさんの警察が来て大勢で捜索していたそうです。

また静岡県浜松市で拉致された内山さんの車はなぜか愛知県を挟み三重県の桑名市で見つかりました。

警察は内山さんを山中を遺棄した後、乗り捨てしたと見られています。

スポンサーリンク


犯行グループが知り合ったきっかけは闇サイト!闇サイトとは?

逮捕された二人はインターネットを通じて知り合った可能性が高いと言われています。

そこで思い出されるのは2007年8月に起こった闇サイト殺人事件です。

2008年7月、愛知県で磯谷利恵さんが帰宅途中に連れ去られ殺害されました。

逮捕されたら3人の男について主犯格は死刑が執行され、他の二人は無期懲役が確定しています。

今回の事件と犯行手口も似たような事件ですから覚えている方もたくさんいらっしゃるのではないかなと思います。

この時も3人を結びつけたのは携帯電話の犯罪サイト「闇の職業安定所」という闇サイト。

闇サイトでは面識のない者同士が犯罪仲間を募っていたのです。

とんでもないサイトといえますが、こんなものが削除、閉鎖されずに存在していること自体が問題です。

この事件でも3人の男には面識はなかったのです。

たまたま通りかかった磯貝さんを車で連れ去ったのです。

男たちは現金7万円とキャッシュカードを奪って殺害し岐阜の山中に遺体を遺棄しました。

こんな事件が起こっていたのにも関わらずに行政は危険なサイトを取り締まらないでいたのでしょうか。

いいえ、実は警察はネット犯罪の取り締まりをこの事件を機に強化していたのです。

この事件までは一般のユーザーも閲覧できるようになっていた闇サイト。

危険な仕事や裏のバイト紹介サイトみたいなものですね。

「今暇してるんですけど何か良い仕事ありませんか?」

というタイトルはつけて興味を示してきた人と交流します。

そこで危ない仕事を提案したりするわけです。

しかし事件が起こった経緯から警察がサイバー犯罪専門の部門を編成したのです。

そこで表立った闇サイトはほとんど検索しても出てこなくなったのです。

これで一安心というわけにはいかなかったから、今回の浜松市29歳女性看護師殺人事件に繋がってしまったのです。

スポンサーリンク


闇サイトは消え去ったのではない、あくまでも潜っているのだ!!ダークウェブの実態とは?

闇サイトと検索しても当然出てきません。

警察の取り締まりが厳しいですから、立ち上げても閉鎖されてしまうのでしょう。

検索エンジンには引っかかってこないサイトは違法な行為や表沙汰に出来ない情報交換をしている場合がありそれらを

「ダークウェブ」

と言われます。

なんだか怖そうなネーミングですよね。

ええ、本当に怖いというか、闇に隠れているというか。

現在の闇サイトはダークウェブと言われる本当に闇に隠れたサイトである!

ダークウェブとは特定のソフトを使わないとたどり着けない領域をダークウェブという風に言っています。

その中で犯罪を行うというケースが非常に増えているのです。

最近の闇サイトは特定のソフトを用いて閉鎖されたインターネットの空間を作り上げ、誰もが見る事ができない事を利用しています。

そこが犯罪の温床になっているというのです。

その中で日本の流出した企業情報や盗まれた個人情報というものがやり取りされているのは非常に多く見られます。

インターネットの中のごくわずかな空間に犯罪に関するものが密集している。

ですから検索して簡単に出てくるようなサイトはもはや犯罪の世界では時代遅れなのです。

表立ったものだとすぐに足がついてしまいますからね。

最下層にたたずむダークウェブの存在が犯罪を助長させている実態

インターネットの空間は大きく分けて三つあるんです。

まず表層ですが サーフェスウェブ と呼ばれていて検索エンジンで検出されるものニュースサイトやブログなどの事です。

これは皆さんお馴染みのいつも目にするウェブサイトの事です。

次に深層の ディープウェブ ですが検索エンジンでも非検出なんです。

検索エンジンではでは引っかかりません。

これは一般的に使われている個人のメールなどを指します。

個人のメールは検索エンジンに引っかかると大変な情報流出になってしまいますのである程度閉鎖されているわけです。

深層ならここで終わり…というわけではありません。

最下層に ダークウェブ が存在します

さらに深い階層でまさに闇に隠された領域であるといえます。

専用ソフトで接続され違法取引などの犯罪の温床になっています。

特別なブラウザがあり一対一で指定したアドレスをもらってそのウェブサイトを訪問するのですが、もう一度訪れるとそのサイトは無くなっているのです。

ですから検索エンジンに出る前には消えてしまいます。

消えるというかどんどん移動していくというイメージでしょうか。

普通のネットサーフィンをしていて間違ってダークウェブに行ってしまうことはないの?

普通の人が間違えてダークウェブに入ってしまうことは特別なブラウザをインストールしない限りありません。

本当に犯罪を意図している意識を持っていないと訪れることはないでしょう。

「支払いはビットコインでいいや」とか、「匿名だからいいや」とか心理的なハードルが下げてしまうという副作用があります。

それが一般人のちょっとお金に困ってる人がアルバイト感覚で犯罪に手を染めてしまうというリスクを高めてしまうのです。

このダークウェブを取り締まろうにも、どんどん新しくなって捕まりにくくなっているという事実もあります。

さいごに

まずなぜこういった事件が起きたのかという真相の解明が必要です。

犯人二人は内山さんとの面識はなかったと言っているようですが詳しく取り調べが行われる事を望みます。

さらなる関与した犯人逮捕が待たれます。

今回の事件は決して許されるものではありません。

絶対に同じ事が起きないようにしっかり行政や警察も更なる対策を講じて欲しいものです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする