大阪で震度6弱の地震発生!今後の情報に注意してください

6月18日午前7時58分頃大阪府で最大震度6弱マグニチュード5.9の地震がありました。

震度6弱の揺れは立っていることも難しいほどの激しい揺れです。

この地震にて津波の心配はありません。

熊本地震の時にはこのような地震が起こった後に本震が発生して、被害が拡大しましたから注意が必要です。

まだ余震が起きる可能性があります。

最近千葉房総沖のプレートが滑っていて関東の方ばかり注目されていましたから、まるで不意打ちのような地震。

千葉県沖の地震の発生に関しては以前から危険性が指摘されてきた場所です。 テレビ等でもこの地域で地震が発生という速報が入ることが...

このような直下型の地震は予知できないものなのでしょうか。

また熊本地震の時の事を念頭におくと、大阪の方々はなかなかゆっくり休めませんよね。

特に現在は三人の犠牲者が出て、他にもたくさんの人がケガをしているそうです。

スポンサーリンク



地震が発生したら、まず何をする?余震に備えて準備が大切です!

大きな地震が起こると余震が発生するのが常です。

余震といっても更に強い揺れ方になる場合も考えられます。

ですから地震が起こったらまず何をすればよいかというのをご紹介します。

  • 倒れてきそうな物、落ちてきそうなものには注意してください。
  • 今後の余震に備えて窓を開け出口を確保してください。
  • 火を消したか確認してください。
  • ガスが漏れていないかホースが外れていないかを確認してください。
  • ガスの元栓は閉めてください。
  • 熱を持つ 電気の器具を消してください 。
  • 落ち着いて行動するようにしてください。
  • 仲間をいる場合は声を掛け合って皆で助け合ってください。

特に都市部での地震で怖いのは火災であるといえます。

阪神大震災の時にも火災によりたくさんの被害を出しました。

ですから身の安全を図りつつ、被害が拡大しないように対処してください。

スポンサーリンク



大阪市を中心として近畿一円で強い揺れが観察されました

大阪市北区、高槻市、箕面市、その他震度5強は亀岡市、長岡京市、八幡市、震度5弱が滋賀県の大津市、京都府京都市と近畿一円で強い揺れを観測しました。

京都市内でも震度5強の強い揺れを観測しました。

二十秒近く揺れました。

関西での地震で怖いのは原発のトラブル

原発の状況をお伝えします。

関西電力の管内の原発で大きな異常は見られていないということです。

現在稼働中なのは高浜原発と大飯原発です。

高浜原発と大飯原発が特に大きな変化はないということです。

地震が起こると脳裏をよぎるのは津波、原発です。

とりあえず何のトラブルが無くて良かったですね。

原発にいたっては東日本大震災の影響による津波で福島原発がメルトダウンをして今もまだ解決していません。

何十年もかかるような深刻な事故を起こす可能性がありますので心配なものです。

というかできれば原発は稼働してほしくないものです。

電車・飛行機・ライフラインが止まりました

今日の朝のテレビ番組で見た大阪駅の様子。

エスカレーターも止まってしまい階段のように人が登っています。

安全確保のためなのかエスカレーターが止まってる様子が伺えます。

しかも待合室のは人がたくさんいます。

会社にも行けず、帰ろうにも交通機関は全部ストップし迷っていることは間違いないですね。

大阪駅のすぐ近くで電車が止まっていました。

通勤ラッシュに起こった今回の地震によって大きな影響が起こったわけです。

特に大阪市を中心にした広い地域で大きな影響が出ました。

朝は17万軒にも及ぶ停電が発生しました。

電気が止まると本当につらいですね。

パソコンもロクに使えなくなってしまうので困りますね。

さいごに

今後も最新の情報に注意してください。

強い余震が発生した場合は建物のひび割れ等がひどくなる可能性もありますので近づかないようにしてください。

熊本地震の時は本震かと思われる地震が起こってからさらに強い本震が来たという事がありますので注意しておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする