話題の「水かけ姫」チョヒョンミン氏とは?パワハラで揺れる韓国

大韓航空乗務員がパワハラを受けている音声がニュースで報道されました。

韓国内では財閥への不満が高まっているので悪影響は避けられないでしょう。

「この人なんなの!」

「事前に私に報告するべきだろ!」

「覚えておけと言っただろ!」

と罵声を浴びせかけている様子が録音されていたのです。



大韓航空本社で録音されたとみられるこの音声その声の主とされているのは水かけ姫ことチョヒョンミン氏(34歳)どういう人なの?経歴は?

「もういい、出ていけ!」

「なんなのよ、そんなのこっちが聞きたいわよ。」

「何回読めば気が済むのよ。」

「黙って。」

この音声が公開される二日前会議中に激昂し広告会社の社員の顔にコップの水をぶちまけたことを謝罪したばかりのチョヒョンミン氏ですがこのパワハラ問題のよってTwitter上でついた異名が「水かけ姫」でした。

こんな場面に出くわしたら謝ることしかできません。

だって怖いですから…

しかし、なかなかのネーミングセンスですね。

童話の「かぐや姫」みたいで良いじゃないですか。

性格は真逆のようですけど…




なんと「水かけ姫」はあのナッツリターン「ナッツ姫」の妹ということ

「サービスがなってない。」

「皿に持って提供するはずでしょ 。」

だれもが聞いたことがあるであろうナッツ姫の暴言です。

2014年大韓航空のファーストクラス搭乗すると ナッツの出し方間違っていると 滑走路に向かっていた機体を引き返させるという前代未聞のナッツリターン事件起こしました。

意味不明行動に世界は震撼しました。

姉妹の父親でもあるチョヤンホ氏は

「娘の愚かな行動が大きな物議を醸したこと心から謝罪します。 私の教育不行き届きです。二度とこのようなことが起きないよう最善を尽くします。」

とコメントししました。

父親という事は韓進グループの会長さんということなんですね。

そのような偉い人が頭を下げるなんて。

実はこのナッツリターン事件の直後、チョヒョンミン氏から必ず復讐するというようなまるで被害者である大韓航空の社員を逆恨みするかというようなコメントがありました。

家族全体で全然反省なんてしていないんですね。

ナッツリターン事件からわずか4年、今回のパワハラの被害者になったのは逆らえない立場の人々でした。

姉妹揃ってパワハラとはどういう教育がなされているのか気になりますが。

国内総生産の3/4を占める韓国財閥トップは世襲制

創業者一族が君臨し続けているのは当たり前なのが韓国の財閥なのです。

すでに姉がナッツリターン問題でグループのオーナーとして横暴な振る舞いが露わになり財閥文化に対する国民による激しい批判を起こしました。

ですが妹がまた同じような事をして国民の怒りは非常に大きくなっています。

お金がある人は格差があって当然だと思うようになるんです。

一般庶民と感覚が大きくかけ離れているのです。




渦中の「水かけ姫」ことチョヒョンミン氏の経歴は?

さてチョ・ヒョンミン氏とはどういう人生を歩んできたのでしょうか。

1983年 ハワイ生まれ

2005年 南カリフォルニア大学コミュニケーション学科卒業

200?年 LG アド入社

2007年 大韓航空入社

2013年 常務に昇進

2014年 専務に昇進

すごいですね、家族経営とはいえかなりのスピード出世です。

外部の人間だったらこんなに早く昇進することは100%あり得ません。

今回のパワハラに関して彼女たちの罪も重いんですけども父親がなぜこの人たちを会社の要職につけるのか、本当にその能力と資格があるのか?これだけ大きな会社のトップの付けているのかが疑問です。

迷惑をこうむるのはその下で働いている人々ですから。

韓国社会を牛耳る財閥!そこに入るか入らないかで人生が決まるなんて…

財閥に入ることができた人は勝ち組で人生安泰、それ以外の残りの人は貧しい環境に置かれてしまうというのが韓国の悲しい現実です。

家族であれば20代30代そこそこで専務になったりする財閥。

その大きな企業で

「株持ってるんだからいいでしょ。」

「何が問題なんですか?」

と一般庶民には理解しがたい考えでいるのでしょう。

資本主義というのはそういうシステムなんだから仕方がないといえば確かにそうですが。

ちなみにヨーロッパでは昔からのお金持ちがいてお金持ちじゃない人から吸い上げている事でお金持ちになってることをよく理解しているから、 そういう人を惑わせないために使用するんです。

寄付をしたりといった目に見える形で。

「相応しい振る舞いをしよう」ってことである種お金を持ちながらも共存するというような歩み寄りがありました。

なぜ自分がその立場にいられるかを考え直してみた方がよいと思います。



さいごに

韓国社会はもう少し格差を減らさなければいけません。

もし本当に子供達に後を継がせたいのであればきちんとトップになる教育をしないといけません。

世の中のことをきちんと学びなさいという教育をした後じゃないと 企業自体が衰退すると思います。

今回は韓国国民の怒りが収まりそうにもないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする