【ウタマロ石けん】昨年1200万個も売れた!売上UPの理由とは?


http://www.e-utamaro.com/products/sekkenより引用

時代とともにヒット商品は移り変わっていくものですが、本当に良い商品は時代を超えても根強い人気を誇るものです。しかも何かをきっかけに再ブレークなんてこともあるわけです。

今話題になっている売り上げV字回復の注目商品は「ウタマロ石けん」です。発売されたのは今から60年も前のこと。ウタマロ石けんは洗濯用の石けんで当時は洗濯機など普及しておらず手洗いがスタンダードな時代。そんな時代に広く使われていたのがこの「ウタマロ石けん」なのです。

スポンサーリンク


古き良き時代のウタマロ石けんが現代のなって売り上げ激増!それは以外な使用法にあったのです

「ウタマロ石けん」の売り上げ個数はなんと昨年1200万個にまで上がりました。でも何で家庭での洗濯が洗濯機で行われているのに洗濯機で使用できない「ウタマロ石けん」がここまで売れるのか気になりませんか?

洗濯機が普及するとそれまで使われていた固形石けんは無くなってしまうと思ってしまいますが、なぜか安定的に売れ続けるウタマロ石けん。

一体買った人は何に使っているんだろう?という疑問が浮かんできます。

その答えは何と「部分洗い用として使われている」です。そうサッカー・野球などスポーツでの泥汚れって洗濯機で洗うだけではなかなか落ちないんですよね。それとかお父さんの襟に染み付いた汚れなんて洗濯機じゃ太刀打ちできません。

そういう時こそ「ウタマロ石けん」の出番なんです!

部分洗い用の洗剤はたくさんありますが、それにも勝るような素晴らしい洗浄能力を発揮するのです。

スポンサーリンク



なぜここまでウタマロ石けんが広く使われるようになったのか?

いかに良いものでも使ってもらわなければユーザーにも良さが分かってもらえないですし、買われることもありません。泥汚れがよく落ちることより広くアピールしなければいけないわけです。全国各地での実演でよく汚れものが発生する世帯(小さな子どもがいる)に強烈に印象付けることができたのです。もうそうなれば現代のSNSで圧倒的に評判になり売り上げの増加につながったのです。

さいごに

やはり良い品物はリピーターがついてくるのです。知らなかった人でも一度使えば良さを実感できますし、頭の中でひどい汚れ→ウタマロ石けんというのが印象付けられます。良いものは皆だれかに教えてあげたいという心理が働きます。正直これを書きながらも、このウタマロ石けん一度買ってみたいと感じましたよ、だって首回りの汚れ全然落ちないんですもん。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする