セネガル戦:観客席で鮮やかなヘディング!お笑い芸人カカロニとは?

ロシアワールドカップが行われていますが 前回の日本対セネガル戦でセネガルの選手が外したシュートを観客席のサポーターがヘディングしたのを知っていますか?

しかも頭にただ当たったというわけではなく、飛んできた頃鮮やかにヘディングしたのです。

見ていた感じでも明らかにサッカー経験者のヘディングですね。


ツイッターより引用

とりあえず裸でペイントをしているものですから、目立つんですよね。

ただ、すごいですよ。

いきなり飛んできたボールをあんな風に返すなんて只者ではありません。

ほとんどの方は ボールが来ても キャッチするか ただ当たってしまうまたは避けてしまうであろうと思います。

スポンサーリンク



ついに判明!セネガル戦で観客席にいたサポーターが鮮やかにヘッド!いったい何者?

明らかにサッカー経験者ということは間違いないですが…

あのサポーターはどうやらサッカー好きの芸人だったようです。

カカロニというグループの一人で、菅谷さんというそうです。

そのグループ名もサッカー選手のカカとロナウジーニョから取っているそうです。

かなりのサッカー好きということが分かります。

この方はワールドカップはほとんど観戦しに行くほどのサッカー好きで知られています。

芸人としてこのような大舞台で少しでも画面に映る…

「持っているぞ、この男。」

あの何万人というサポーターの中でちょうどボールが来る確率ってだいたい何パーセントなのでしょうか?

それを鮮やかなヘディングでボールを返すという素晴らしさ。

カカロニとはどういうグループなのでしょうか?

少し調べてみることにしました。

スポンサーリンク



カカロニ菅谷はなんと大学までサッカーをやっていた経験者。どうりで上手いわけだ

このヘディングをした菅谷直弘さんはサンドウィッチマンやカミナリが所属するグレープカンパニーという事務所に所属するお笑いコンビ「カカロニ」のツッコミを担当しています。

あのヘディングのようにキレの良いツッコミをしているのでしょうか。

思春期の感受性が豊かな時にくりぃむしちゅーのANN(オールナイトニッポン)を聴いて憧れ芸人になったのだといいます。


ツイッターより引用

カカロニは相方の栗谷さんの方がインパクトが強いらしく、普段は菅谷さんはあまり目立たないそうですね。

今回のヘディングで日本どころか世界中から注目されたので、形勢逆転かもしれませんね。

5歳からサッカーを始めて大学までやっていたので上手いのかと思いきや、そうでもなくいわゆるベンチウォーマーというやつですね。

サッカー人生で一番目立った瞬間ではないでしょうか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする