【ママ閉店】がツイッター上で炎上中!ママ閉店とは?

「ママ閉店」という発言がツイッター上で炎上してるようですが、ママ閉店というだけありママ業務(いわゆる家庭における仕事、家事・育児など)を行わないということです。そもそもなぜこの「ママ閉店」は炎上するに至ったのでしょうか?男女平等、家事分担の世の中でなぜ「ママ」だけの閉店が許されないのでしょうか?その点で大きな疑問が発生するわけです。パパなんてしょっちゅう閉店しているように思いますが。

スポンサーリンク


ママ閉店はおそらく全く真意をくみ取られることなく炎上している…なぜ炎上したのか?

ママ閉店というと考えられるのが育児放棄、いわゆるネグレクトと言われるものだと思いますがここ線引きとなるといろいろ難しい問題となってきます。子どもに対して完全に育児を放棄した状態をママ閉店というのなら、ママ閉店はとんでもない事です。しかしながらいつも家事・育児をがんばっているママが少しばかりの休憩するという意味合いであるといえば、炎上するほどの事ではありません。おそらく多くの方々がママ閉店=ネグレクトというとらえ方をしてしまったからこのような大炎上が発生してしまったのではないでしょうか。


ツイッターより引用

これが元ツイの紹介だと思われますが、一見何も私としては思わないです。というかママだって休みたいのは当たり前でありまして何も考えずに自分の時間を過ごしたいのは当然ですよね。パパのママに休んで欲しいというのが表れていると思いますが、皆さんはいかがですか?

これがそもそもここまで炎上してしまうのが不思議ですよね。本当にパパの何気ないつぶやきだと感じますが。

スポンサーリンク



「子どもたちにママとすら呼ばせない」あたりがネグレクトだと勘違いされたのか?

別に無視しているわけではないし、ママが閉店中の時にだけただ言っているだけだと思いませんか?これのどこがネグレクトであるのか疑問ですが。子ども達に呼ばれても日常的に空気のように扱うのではネグレクトと言われても文句言えませんが。

そもそも専業主婦の大変さを分かっていない人が多いのかもしれませんね。一日中子どもに振り回され、その中で全ての家事をこなさなければならないなんて想像を絶すると思います。あまり子どもと接していないパパはぜひ休みの日にでも全てを代わってやってみてください。きっと夕方くらいにはイライラが絶頂に達すると思いますよ。それを何も言わずに毎日こなしているんだからたまには閉店させてあげましょうよ。

さいごに

パパの中には閉店するまでもなく開店すらしていない人もたくさんいるでしょうし、ママ閉店に関して文句を言ったり、ましてやネグレクトなんて言ってはいけません。このような炎上を機にパパがもっと収入を得る事以外で家庭に参加してほしいものです。自分はやっていると思っている人に限って大した事無い場合が多いですから。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする