LINEの驚異的成長:もはや只のアプリの域を超えている

LINEはスマートフォンの1アプリでありながら国内のコミュニケーションをとる主要なものになっています。

少し前まではメールがよく使われていましたが、現在ではLINEで連絡を取り合うということが圧倒的に増えたのではないかと思います。

スポンサーリンク



LINEがなぜここまで普及したのか?

爆発的な勢いでユーザー数を増やしているLINEですがなぜここまで人気があるのでしょうか。

それは今までの携帯電話のメール機能にはなかった様々な要素があったのです。


Twitter.comより引用

「既読」機能がある

これはすごく役に立っている反面、いわゆる「既読無視」が発生してコミュニケーションが取りにくい状態になることがあります。
相手が自分の送った文章を確認したことが分かるというのが最大の利点ではないでしょうか。

リアルタイムでのやりとりが可能

まるで会話を交わしているような感覚で相手とやりと りすることができます。グループトークでは会社内で軽い会議程度なら行うことができます。LINEが普及してから、携帯電話の通話機能を使うことが圧倒的に減りました。24時間つながっている感覚なので従来のメールよりもはるかに親しみやすい事です。

スタンプ機能の充実

数多くのスタンプが実装されており、それだけでやりとりができてしまう場合も多々あります。スタンプはカジュアルさ出せてメールの絵文字とは一味違ったツールだと考えられます。

無料通話が可能

インターネット回線を利用することにより通話が無料で行うことができます。最初の頃はこの機能が目的でアプリをインストールした方も多いのではないでしょうか。

今ご紹介したのはほんの一部です。

まだまだ進化を続けているLINEの機能性。

今後の展開に注目ですね。

スポンサーリンク



人気があるのは機能だけではない!

LINEの人気を支えているのは便利な機能だけではありません。

親しみやすくカワイイキャラクター

様々なキャラクターたちがスマートフォンの画面を彩っています。
最近ではオリジナルキャラクターの公式ショップまで開設されました。

LINENEWSなどで情報を得られる

LINENEWSは大手の報道機関などのニュースアプリを抑えこみ、国内有数のアクセス数を誇っています。

まとめ

もはや日本国内では無くてはならないサービスの1つでありインフラに近いように思います。

老若男女、大人から子どもまで使用しているスタンダードな通信手段です。

これからもさらに便利に色々な機能が追加されていくのではないでしょうか。

文字を相手に伝えるサービスはほんの30年ほどでポケベル→ショートメール→eメールと凄まじい進化を遂げてきています。

これからどうなっていくか楽しみです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする