1月23日はアーモンドの日:抗酸化作用のあるアーモンドを食べて生活習慣病を防ごう!

1月23日はアーモンドの日です。

何で1月23日がアーモンドの日かというとアーモンドは抗酸化作用、食物繊維豊富等、女性にとって美しさを維持するための素晴らしい食品なんです!!

その1日の摂取量の目安が23粒だということからカリフォルニア・アーモンド協会が2008年に制定したのです。つい最近の事なんですね。

アーモンドといえば料理からお菓子まで幅広く使われている食材であり、単体で食べてもまろやかな旨味があるためポイポイと口に運んでしまいますよね。

23粒位だったらアレルギーや嫌いでもない限り余裕で食べることができるのではないでしょうか。

よくスーパーなどでも小魚ミックスアーモンドとかいって売られているのを見かけますし、お酒のおつまみとしてもよく出てくると思います。

普段の暮らしの中でも何気なく食べるアーモンド。

そのアーモンドなのですが美味しいという以外に様々な栄養素がたくさん含まれているんです!

アーモンドにはビタミンE・ポリフェノール・食物繊維といった身体にウレシイ栄養素がたくさん含まれているんです!

アーモンドに含まれる栄養素の代表的なものといえばビタミンEです。
100g中約30mgも含まれていて食品の中でも最も多くビタミンEを摂取することができるのです。

次に食物繊維が多いことでも有名ですね。食物繊維が不足しがちでも「サラダはちょっと苦手だな。」という方でもアーモンドは抵抗なく食べられるのではないでしょうか。

さらにポリフェノールも含まれているんです。このポリフェノールというのは赤ワイン等に含まれていて健康や美容志向が強い方にとってはとってもおすすめの栄養素の一つですね。

アーモンドに含まれる代表的な栄養素のご紹介

美味しく食べられてさらに栄養素も豊富なんて優れた食品の一つであるアーモンド。

せっかくのアーモンドの日に栄養素について知っておくのもよいかもせれませんよ!

ビタミンEは老化の予防に役立つ抗酸化作用があります

ビタミンEは脂溶性のビタミンの一つで強い抗酸化作用があります。食品にも酸化防止の添加物などで使われているほどのものなのです。

食品などの成分表示を見てみると何気なくビタミンEと書かれていることがあります。普段は何も気にしない事ですが抗酸化目的として使用されているんですね。

ビタミンEは身体の敵である活性酸素による細胞や血管の酸化を防いでくれるという素晴らしい効果があります。

血管が硬くなると脳や心臓等の血管障害の原因となりますからそれを防ぐためにも重要な栄養素といえます。

赤ワインにも含まれるポリフェノールは動脈硬化予防にうってつけ

ポリフェノールは配合された健康食品等も最近よく見られるようにビタミンEnoように抗酸化作用があり動脈硬化や脳梗塞、ホルモンの促進作用があるとされ脚光を浴びているものの一つです。

さらに善玉のコレステロールと悪玉コレステロールのバランスをとる効果もあり常に摂取したい栄養素ですね。

おすすめのアーモンド商品


食物繊維をとって腸内フローラの改善を

食物繊維は人の消化器で自力でできない難消化性成分のことをそう呼んでいます。

腸内を掃除してくれることでも有名なものです。これは正確に言うと栄養素ではないのですが腸の働きを活発化させてくれる優れたものです。

あくまで自力で消化はできないのですが、腸内の大腸菌によって分解されるようです。

野菜不足がちな人にとっては腸内環境を整えるという意味でも摂取しておきたいものですね。

さいごに

アーモンドといっても侮れません。このように身体の健康に有効なものがたくさん摂取することができる優れた食品の一つであると言えます。普段から何気なく食べているアーモンドをこの機会に一度見直してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする