【夏血栓】症状がまるで熱中症!?放っておくと大変な事になりますよ…

連日のように猛暑日が続いていて「暑い。暑い。暑い~」と一日何回このフレーズを口にしたかわからない位、暑すぎるのです。

ここまで暑い夏って今まであったのかと思いますが…

エアコンばかり使っていると少々古い人たちは「最近の若いもんはクーラーばっかりつけて電気がもったないじゃないか。おれらが若い頃はクーラーなんてないから云々…(長文省略)」とよくわからないエアコンなし自慢をしてくるわけですが、温度調節や水分摂取を積極的に行わないと大変な事になりますよ。

スポンサーリンク


その怖さは熱中症以上かも…「夏血栓」は死に至る可能性がある危険なものです

熱中症は今盛んに報道等で対策や症状が紹介されているため、皆さんよくご存知かと思いますが「夏血栓」というのを聞いた事はあるでしょうか?

そう、その名に通り夏に発生しやすい血栓症をそう呼ぶのです。

暑いと体から水分が奪われることは誰もが知っていると思いますが、そうなると血管の中の血の粘度が増しドロドロな状態になってしまい、最終的には血のかたまり(血栓)ができて血流が滞る状態です。

症状は熱中症とよく似ているため勘違いしてしまいがち。

熱中症のようにめまい、頭痛、倦怠感などの症状が出現します。夏血栓特有の症状では呼吸困難やしびれなどの症状が現れるといいます。

または風邪のような症状になることもあるそうで注意が必要です。

【夏血栓の発生によってどういう病気が発生するのか?】

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 肺塞栓症

が起こる可能性がありなんとその死亡率は最大30%という凄まじい高さであるということが分かっています。

熱中症による搬送患者の約1%は夏血栓というのだから、危険性はものすごく高いです。

スポンサーリンク



夏血栓にかかりやすい人もいるので要注意!!

熱中症もそうですが夏血栓にかかりやすい人っているんでしょうか。

ええ、います。それは

【夏血栓症のリスクを高める要素】

  • アルコールの多量摂取
  • 高コレステロール
  • 高血圧
  • 同じ姿勢を長時間続ける人

このような状態に人はかかりやすくなっているといいます。確かにどれを見ても夏血栓でなくても血がドロドロになりそうな特徴がありますね。

1時間100ccすなわち1日にすると1.5ℓのこまめな水分摂取が大事です。

水分摂取は水やお茶、スポーツドリンクよりも経口補水液が一番おすすめです。

水分摂取についてはこちらもごらんください!

全国各地で今年の最高気温を更新するような猛暑日が続いていますが、猛暑日で気温が高いといえば、すぐに頭に思い浮かんでくるのは「熱中症」...

さいごに

やはり夏血栓や熱中症はかからないのが一番です。ですからいかに予防するか、予防するのにはどうしたらよいかという事を知っておかなければなりません。

基本はあくまでも温度管理と水分摂取です。

暑い日がこれからも続きますが何とか無事にこの夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする