今夜運命のポーランド戦:「川島それはないって」汚名返上なるか?

ワールドカップロシア大会はグループリーグも終盤に迫り、世界の強豪国は続々決勝トーナメント出場を決めています。

ナイジェリアと対戦したアルゼンチンは奇跡のグループリーグ突破へ向けてとにかく勝たなければいけない一戦。アルゼンチンは前半14分ロングパスを受けたメッシ。 今大会待ちに待ったゴールがようやく訪れました!アルゼンチンはそのまま決勝トーナメント進出を決めました。

さらにサッカー王国ブラジルもグループEで順当に決勝トーナメントに進出する中、昨日ついに波乱が!ドイツがまさかのグループリーグ敗退。 前回王者ドイツが韓国にまさかまさかの黒星。日本の永遠のライバルである韓国もドイツには勝ちましたがグループリーグ敗退。

韓国メディアは

「1パーセントの奇跡」

「韓国、世界ランキング1位のドイツを破る」と興奮気味に速報した.

「韓国は世界最強のドイツを沈没させて有終の美を飾った。」

「16強入りは失ったが、韓国サッカーが見せた最後の闘魂は輝いた」と報じています。

ドイツは前の試合で最後の時間ないところで逆転劇がありましたからここで持っていくかなと思ったんですが韓国対するドイツは全くダメでしたね。韓国はほとんどチャンスがない中できちんと得点を決めました。ドイツは少し韓国をあなどっていたのかなという感じがします。

これでアジアでは日本以外グループリーグ敗退が決定しました。 アジアで唯一の希望となった日本が今夜ポーランド戦ベスト16をかけて戦います。

スポンサーリンク


決戦を前に西野監督とキーパー川島選手が会見!不安要素を語る、GK川島は前回のパンチングミスを払しょくするようなプレーができるのか?

昨日ポーランドとの決戦を前に西野監督と川島選手が会見を行いました。

「現地入りして湿度の高さが予想以上だった。」と西野監督に言っています。

不安要素はズバリ気温というより予想以上の湿気であるといえます。

GK川島永嗣選手はセネガル戦の失点について「 批判が集まっているのですが批判をされるって事に対して覚悟がなければこの場所にないですし前の試合に関しては本当にチームメイトに助けられた。今度は自分がチームを助けられるように良いゲームにしたいと思っています。」とポーランド戦に向けて意気込みを語りました。

確かにあのパンチングミスがなければ…でも終わった事は仕方がありません。

SNS上でも「川島それはないって。」とかの有名なフレーズ「大迫半端ないって。」をもじって言われているのを見かけます。

GK川島永嗣選手関連の記事はこちら⇩

サッカー日本代表はセネガルと2-2で引き分け勝ち点1を得ました。 しかしながら一点目の失点は明らかにGK川島永嗣の判断ミスが失...

昨日行われた最後の練習ではセネガル戦でゴールを決めた乾選手は華麗なリフティングを披露しました。 選手たちは時折、笑顔を見せリラックスした様子です。 しかし暑さのせいか頻繁に汗を拭く選手の姿がありました。気温や湿度が高いということをうかがわせます。

乾選手は「コンディションは以外に回復が早いので。30ですけどまだまだいけるかなと思います。」柴崎選手は「今までの日本代表が成し遂げられなかったことを自分たち自身で成し遂げていくことを目指してやっていきたいと思います。」と語りました。

会見の最後に西野監督は

「持久戦に関してはかなり日本の選手が高い能力を持っているとは思うので 粘り強くと言うか戦況を見ながら試合を進めていかなければいけない。」 と言っています。いよいよ今夜行われる運命のポーランド戦に向けて準備は万端のようです。

スポンサーリンク



決勝リーグ進出に向けた重要な一戦であるポーランド戦。西野監督は今回の試合でスタメンを6人変更するかもしれないと言っている…

引き分け以上で決勝トーナメント進出する運命の一戦。そんな日本に立ちはだかるのがエースのロベルト・レヴァンドフスキ選手がいるポーランド。グループステージ敗退が決定しているがFIFAランキング8位の強豪です。

6人代えるとの情報もあります。武藤選手&岡崎選手をツートップに据えると言われています。

このツートップはテスト済みだということです。

あくまでも先発を入れ替える可能性があるということですが、もし入れ替えた場合は3戦目で初めて先発を入れ替えるということになりますね。

サプライズではなく、ここまで2試合連続で疲労をためている選手が多い第3戦。開催地は最高気温40°前後であるためコンディションを考慮したということでしょう。 第1戦先発した大迫選手・乾選手・長谷部選手の温存は16強以上の戦いを見据えたプランであります。でも一方で大きな賭けとも言えます。

スポンサーリンク


さいごに

スタメン6人変更は正直驚きますが、今までほぼ変わらないメンバーで戦ってきたわけですから疲労も多く溜まっていると思います。

誰が出ても遜色は無い日本代表ですから大丈夫でしょう。

川島永嗣選手も「川島それはないって。」ではなく「川島半端ないって。」と言われるように頑張って欲しいものですね。

がんばれ、日本代表!!

みんなで応援しましょう!

ポーランドチームデータ

  • FIFAランキング:8位
  • W杯過去最高成績:3位(1974,1982年)
  • 地区予選成績:8勝1分1負
  • 監督:アダム・ナバウカ(60歳)

日本×ポーランドは6月28日(木)夜9:00~深夜1:10 フジテレビ系で放送!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする