小学校のブロック塀倒れ9歳の女児死亡:ブロック塀の危険性と控え壁の重要性とは?

6月18日午前7時58分に大阪の北部で起こった地震の影響により高槻市内では通学途中の9歳の女の子が小学校のブロック塀の下敷きになり亡くなりました。

ブロック塀は以前より地震により倒壊の危険性が指摘されている建造物です。しかもそのブロック塀は小学校のブロック塀だったのです。

小学校のブロック塀とはそんなに脆いものなのでしょうか?

なんと高槻市の教育委員会によると「倒壊したブロック塀は違法建築です。」と過失を認めたのです。 倒壊したブロック塀はもともと地震に耐えられない設計だったと市の教育委員会は認めたのです。 地上から1.9 m までが基礎部分でその上に1.6m分のコンクリートブロックが積み上げられていたようです。合わせると3.5mという高さです。3.5mというとそびえたつ壁という感じで威圧感がものすごくあります。

スポンサーリンク



違法建築のブロック塀が崩れ落ち女の子が被害に。総重量およそ8トン!

基礎部分を抜いた1.6mの部分が道路の方へ崩れ落ちてきたということです。通常のブロックは横40cm縦20cmですのでそれが8個積み上がっていたということです。ブロックは重いんですよ。一個あたり十キロぐらいあります。 それが横に100列あったといいます。全部の崩れたとなると8トンが崩れをしてきたということです。

倒壊した現場を見ると違法建築物と判断せざるを得ないと高槻市は言っています。

違法性1

高さ建築基準法62条によるとコンクリートブロック塀の高さは2.2m以下とすることと定められていますが今回は3.5mのブロック塀でした。明らかに違法ですね。

違法性2

二つ目は控え壁が必要な高さであったが設置されていなかったことです。控え壁というものは横3.4メートルごとにある高さの1/5以上がある壁本体を支える壁のことです。その控え壁がなかったのです。ブロック塀を2.2m以上建築する時は必ず控え壁がいるそうです。 今回の場合はどう見ても控え壁は必ず作らないといけないようなコンクリートブロック塀だったのです。

この控え壁がないと本当に弱くなってしまうのです。少し揺れただけで壁が波打つように揺れ倒壊してしまいます。

ブロックごとの結合は非常に強かったものの基礎部分から崩れ落ち倒壊したようです。

スポンサーリンク



ここで疑問に思うのは点検していなかったの?ということ

安全性については3年に1度の定期点検を行っていたと高槻市は言っています。方法は校舎建物と全体を目視で点検していたようです。 高槻市は今回このような事件が起きるまで違法性はなかったと思っていたそうです。

単に塀のひび割れなどを確認していたのに過ぎません。

なんでそもそもこんな高いブロック塀を作ったのか?

この小学校が建築されたのは1974年に建設されました。基礎部分の上はフェンスだったようです。何で変わったのか?というのを今となっては思いますが、それが出来た理由はプールを周囲から隠す理由でブロックが積まれたのではないかと言われています。

このブロック塀がいつ付け足されたかが非常に大事な論点となります。 1981年 以降に建築されたとすると明らかに違法な建築物であると言えます。

グリーンベルトが危険な存在になってしまった

ブロック塀がプール側に倒れてくれれば良かったのですが、不幸なことに道路側へ倒れてしまったのです。大阪府の地震発生時の心得というものがあります。地震発生時の心得としてブロック塀が倒れてくる恐れがあるから近づかない。と書いてあります。 しかし道路脇にグリーンベルトと言われる登校時に通る事を指示されている通行帯のようなものがあります。しかも倒れてきた塀に沿って。グリーンベルトを設置した時にまさか倒れてくるということを全く考えていなかったのでしょう。普通は危ない塀の真下を通るように指示することはないですから。

普段では安全地帯ですが地震が起きるととんでもない危険地帯になります。

亡くなった9歳の女の子もあいさつ運動に参加するために朝早くにこのグリーンベルト上で登校してくる児童を待っていたため巻き込まれることになってしまったのです。

大阪府の小中学校の耐震化率は99.7%です

ほぼ完了してると言っても過言ではありませんね。全国平均から見てもかなり高い数字です。阪神大震災を経験してるだけあって非常に高くなっています。しかし耐震の対象は校舎や体育館が対象でプールの外壁は調査対象外です。 塀も学校の施設の一部ではあるんですが優先順位が低いのです。校舎や体育館は震災の後の避難所に使えますから避難所が壊れたら困るということで他の建物よりも耐震性を高める優先順位が高いわけです。塀はないがしろにされているわけですね。

スポンサーリンク


さいごに

政府は全国全国の小中学校のブロック塀を緊急点検することを決めました。 おそらくこの点検で危ないブロック塀がたくさん見つかると言えそうです。本来であればこのような事態に陥る前に改修工事が行われなければいけません。小学生がご家庭にいる方は学校に行くまでの通路のブロック塀をメモしてチェックした方が良さそうです。

大阪地震に関する記事はこちら⇩

地震が起こると様々な影響が出てしまいます。 その中でも水道や電気、ガスの供給が止まってしまうという事は自宅でも本当に困ってしま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする