北朝鮮揺さぶりかけ過ぎでアメリカ側から米朝首脳会談中止を発表

昨夜米朝首脳会談の中止という衝撃的なニュースが飛び込んできました。

そして今日になって北朝鮮の国営メディアが公開したのは豊渓里の核実験場での爆破映像です。

坑道や観測所と見られる施設を爆破する様子やそれを投影する外国メディアの関係者が写っています。

中止と決定されてからこのような映像を出してきたのはなぜ?

北朝鮮の国営メディアは談話を発表しています。

「アメリカといつでも向かい合って問題問題を解決する用意がある。」

北朝鮮はまたアメリカに歩み寄ろうとしています。

ここに来てアメリカと向かい合って何時でも会談する用意があると。

なんでこんなにコロッと変わってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク


北朝鮮の姿勢が急変した理由とは?やはりトランプ大統領のやることは読めません。

北朝鮮の本音は早く経済制裁を解除してほしいのです。

今となって米韓共同軍事演習に対して米朝首脳会談を中止するかもと揺さぶりをかけた事を後悔しているのではないでしょうか。

北朝鮮は

「本当にアメリカが手を切っちゃったら困るよ~ほんとはそうじゃなかったんですよ。」

と言い始めたわけです。

トランプ大統領の考えとして一発で非核化しなければ意味がありません。

「北朝鮮も本当に非核化するならば腹をくくって一発やりなさい。」ということなんでしょうね。

トランプ大統領のやり方としては自分に不利に事が運ぶような会談をするわけがありません。

何せ最近北朝鮮に揺さぶられまくって中国を後ろ盾にされて軍事攻撃もできない状態になっていますから会談でアメリカが優位に立つことは難しいでしょう。

さいごに

米朝首脳会談が行われるポイントとしては「即時に北朝鮮から全ての核を廃棄する」ということでしょう。

すぐさま全ての核廃棄ということについて北朝鮮がどこまで妥協できるかということです。

今後のアメリカと北朝鮮の動向に注目が集まることは必至でしょうね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする