日大アメフト部会見:日大広報部の司会進行が信じられない言葉を連発!

日大の内田前監督・井上コーチの会見も正直あいまいな物で見ていても不信感がつのるばかりでしたが、今回さらに日大という組織への不信感や不快感をアップさせたのは何と司会進行の広報職員だったのです。

え?司会進行はただのわき役でしょ?そのような立場の人が何をするの?

と思いますよね?

司会進行が大学そのものの印象を悪くする信じれない言葉を連発したのです。

スポンサーリンク



日大側に司会進行役の広報職員が報道陣に投げかけた言葉とは?

何で主役でも何でもない人が水を差すような事をするのか?

水を差すどころか会見自体を遮る位の邪魔をします。

こんな会見はそうそう見る事はありません。

「もうやめてください、やめてください。」

「一人で何回も聞かないでください。」

「これ以上やってもきりがないし、だいたい同じ質問を繰り返されているのでこれで会見の質問を終わりにします。」

そもそも日大の記者会見が開かれるというのがわかったのは昨日の午後7時くらいのことです。

そして会見が始まったのは午後9時頃ですので、たった2時間では報道陣も十分な質問を用意するのが難しくどうしても質問が同じようになってしまうのは仕方がない事です。

それにも関わらずにこんな対応ってないのでは…

そもそもどっちが悪いかわかっていますか、日大さん。

世間は昨日の誠意がある宮川選手との会見と比較して明らかに日大の監督・コーチの会見に対して疑問を生じているばかりか、不信に思っていますよ。

面白いくらい会見の質問を遮る日大広報職員の進行役。

報道陣「彼のアメフト人生を結果的には終わっているのかもしれません。それに対して心の痛みはありませんか?」

井上コーチ「….」

司会者「そういう仮定の質問を止めてください。」

スポンサーリンク


質問内容を切り捨てることも…ついにあるまじき発言を飛び出したのです!

報道陣「納得していないから同じ質問になるんじゃないですか?この会見は視聴者みんなが見ていますよ。」

司会者「見ていなくても見ていなくても構わないんです。みんな同じ質問を繰り返されても迷惑ですから。」

何を言っているのであろうか司会進行の日大広報職員は…

「見ていなくても構わないなら、そもそもこんなくだらない記者会見なんか開くんじゃない。」

と言いたくなります。

その後、

司会者「じゃあ監督、もう喋らないでください。」

「それはないだろ。」と思うところです。

さいごに

一体何のための会見だったのでしょうか?

監督・コーチにあんなに情けない会見を見せられた上、とても不愉快な司会進行役の日大広報職員。

司会者の不用意な発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする