悪質タックル問題:日本大学アメフト部内田正人監督ついに辞任!

日本大学アメリカンフットボール部の監督の内田正人監督が辞任しました。

今までいわゆる悪質タックル問題で渦中の人物となっていた内田正人監督ですが責任をとって辞任するという形になりました。

確かにあの悪質タックルは映像から見ても明らかに「わざとやっただろ!」というのが素人目でもわかりますから。

スポンサーリンク



辞任した日本大学アメリカンフットボール部監督内田正人氏は何を語ったのか?

「弁解もいたしません 。全てこの一連の問題は私の責任でございます。 誠に申し訳ございません。」

責任を感じているということは悪質タックルをするように指示があったのだろうと思われます。

「弁解いたしません。」というか、あそこまで故意であろうタックルを弁解しないのではなくて「弁解できません。」ということなのでしょう。

勝ちにこだわるのは日本大学のような名門のアメリカンフットボール部監督としては当然なのでしょうが、違反ばかりして勝って嬉しいのか疑問に感じます。

選手にとっても同じことが言えますが体育会系の部では監督が黒と言ったら黒、白と言ったら白というのは仕方がないことです。

監督からの指示に従わなければ、もちろん外されるでしょうし選手達にとってもつらい状況だったでしょうね。

スポンサーリンク



辞任した内田正人監督ですが今後の対応は?

日大アメフト部の内田正人監督は関学の鳥内監督や怪我をした選手の保護者らに謝罪をしました。

あの悪質タックルでここまで大騒ぎになったわけですから当然ですけどね。

「1フレーム目で壊してこい」などの指示については今後文章で関学に回答するとしています。

「壊してこい」ということは相手選手に対してわざと危険なタックルをしてケガをさせて役に立たないようにしろということです。

アメリカンフットボールは激しいプレーで観客を魅力しますが、格闘技ではありません。

あくまでも球技なわけですから相手にわざとケガを負わせるということがあってはなりません。

悪質タックルについてはこちら↓

大学のアメリカンフットボールはパワフルなプレーで人々を魅了していますが今回問題となったのは悪質なタックルです。 一回ならまだし...

さいごに

謝罪文を送った関学の鳥内監督はまだ納得していないようですね。

自分の所の選手をあんなタックルでケガをさせられたのですから簡単には納得できないでしょう。

事実関係が解明されてこの問題が解決するのはいつになるのでしょうか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする