発熱したらどうする?むやみに解熱剤を飲んではいけません!

新型コロナウイルスが世界各国で猛威を振るっていますが、もし自分自身や家族・身近な人が発熱したらどうしますか?

普段であればただの風邪だと思い、解熱剤を飲むという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしながら今は新型コロナウイルスが流行中で絶対にやってはいけないことがまさに「解熱剤を飲む」ということなのです!

安易に飲んでどうにかやり過ごそうとすると重症化する恐れがありますので十分に注意すべきです。

身体が発熱するのには理由があります!それを無理やり抑え込むと...

発熱するということにもきちんと理由があります。

身体に侵入したウイルスが熱を出しているのではありません。身体が熱を発して免疫でウイルスを退治しようとしているのです。

もしそれが無理矢理解熱剤などで抑えられてしまうと、もちろん免疫は低下して本来であればウイルスに勝てるはずなのに重症化してしまうこともあります。

新型コロナウイルスの大半は軽症で済むはずなのに、解熱剤を安易に飲むことで命を危険にさらしてしまうことさえあるのです。

新型コロナウイルスを解熱剤で無理矢理抑え込むことで感染拡大も

このご時世、発熱していると外出もままなりません。

しかし「会社に迷惑かけるから」といった理由で解熱剤でとにかく熱が出ないようにして外出してしまう人も存在します。

この行動がとんでもない状態を招いてしまいます。

自分自身の症状が一度は落ち着くかもしれませんが、いつまでたっても治らないし重症化させることも十分に考えられますす。

最悪の場合周りにウイルスをばらまいて感染拡大の要因になってしまうかもしれません。

ですから熱がもし出てしまったら解熱剤を安易に飲まないようにして医師に相談することがベストではないでしょうか。

抗生物質を飲んでもウイルスには効果がありません

風邪などをひくと抗生物質を飲む人もいますが、抗生物質はウイルスには効果がありません。

抗生物質はあくまでも細菌に効く薬ということです。

ウイルス感染症なのに意味のない抗生物質を多く飲んでいると耐性菌ができてしまい、細菌感染したときに抗生物質が効きにくい身体になってしまうので注意が必要です。

アルコールを飲んでもウイルスは除去できません

手指などの消毒によく用いられるアルコールですが、「俺はアルコールを飲んで身体の中を消毒しているから大丈夫。」なんて言っている人を見たことありませんか?

アルコールを飲んでも身体の中に入ったウイルスを除去することはできませんし、刺激が強いため身体の負担になってしまいます。

ですから発熱してもアルコールは控えた方がよいでしょう。

さいごに

やはり一番大切なのはしっかりと休息をとって水分摂取をすることだといえます。栄養補給も大切ですが、身体に負担が大きいものを食べると逆に免疫が下がってしまうことになるのでご注意を。

お粥などの身体に優しく、消化されやすいものがオススメです。消化不良を起こすような脂が多く含まれているものをスタミナをつけようと多く食べても腸内環境を破壊してしまいます。

何事も身体に優しいものを選んで身体のウイルスに打ち勝つ力(免疫力)を高めてあげることが回復への近道です。

おすすめの記事