【すかいらーく】プラスチックストローを廃止!プラスチック製品の海洋汚染とは?

ファミリーレストランの大手チェーンすかいらーくホールディングスが2020年までに使い捨てプラスチックストローを廃止することを決めました。プラスチックストローはファミレスではドリンクバーなどに必ず置いてあって使用するものだと思いますが、そのプラスチックストローが深刻な環境汚染を引き起こしているってご存知ですか?

スポンサーリンク


世界中の海でプラスチックストローのみならずプラスチック製品が深刻な被害を及ぼしているのです!

すかいらーくグループのガストではドリンクバーのプラスチックストローの設置を年内に止めるということです。必要な人には自然分解できるストローを提供します。今、自然分解できる紙ストローが大変話題になっていますがそれが提供されるようですね。この紙ストローはアメリカの皆さんお馴染みのコーヒーチェーン、スターバックスでは既に使用されていて使用感もプラスチックストローとなんら変わりはありません。

2020年までに全世界の店舗で切り替えるとしています。 世界的に始まったプラスチック製のストローの廃止ですが日本ではやはり遅れています。それをすかいらーくグループが先陣を切って行おうとしているわけです。大変すばらしい取り組みで日本全国にも早く広がってくれることを願うばかりですね。

なぜプラスチックストローがここまで敬遠されているのかというと海のプラスチック製品による汚染が深刻化しているからなのです。日本で生活している上では海はそこまで汚染されているとは思いませんが、テレビ等で見た事ありませんか?大量のプラスチックごみが回収されている様子を…

スポンサーリンク



マイクロプラスチックという大きさ5㎜以下の小さなプラスチックが新たな問題になっています!

プラスチックは世界で深刻な海洋汚染を引き起こしています。その中でも特にマイクロプラスチックという直径5㎜以下の破片が問題となっています。海で漂っているうちに削られたりして小さくなっていくのです。

その小さなマイクロプラスチックですが有害物質が付着しやすく魚が餌と間違えて食べてしまい体内に有害物質が蓄積します。最後には食物連鎖の頂点である人間がいるわけで有害な魚を食べて健康被害が出る可能性もあります。大変危険なものなのです。将来的に子ども達の世代になると魚が食べられない時代がやってきてもおかしくはありません。ですから消費者側でも気をつけないといけませんね。

さいごに

すかいらーくグループだけでもプラスチックストローが年間1億本使われているそうです。それが無くなるだけでも違いは出てくるでしょう。しかし紙ストローなどはコストが高いために導入は簡単なものではありません。

新たな技術開発とコストの投入で 改善していくことが望まれます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする