広瀬香美に独立騒動! 元所属事務所は困惑を隠せない模様

冬ソングと言ったら「広瀬香美」は外せない人物ですよね。

どこへ行っても流れてくる広瀬香美ソングの数々。

耳に焼き付いて離れなくなってきますよね。

一人でいる時に

「急上昇熱いハート溶けるほど恋したい~」

「クリスマスまでには~間に合うように~私の元へ帰ってきてね~」

なんて口ずさみながらクリぼっちを楽しんでいるわけですが…

そんな広瀬香美さんが所属事務所から独立を宣言しました。

スポンサーリンク


数々のヒット曲で知られる広瀬香美(本名石井麻美)さんが所属事務所オフィスサーティーから独立騒動!順調そうに見えるのに何で?

事務所側は

「事前の相談もなく一方的な独立宣言を発表され大変困惑しております。」

こういう独立は事務所側としては大変困る事ですよね。

稼ぎ頭ともいえるあの「広瀬香美」さんが独立されたら困るわけですよ。

広瀬香美さんは1000月21日付でマネジメント契約契約を終了したことを発表しています。

「今後とも温かい応援をよろしくお願いいたします。」

いや~広瀬香美さんとしてはどういう心境なのでしょうか。

元所属事務所は

「広瀬香美は弊社代表取締役である平野ヨーイチが命名して弊社の活動以外には広瀬香美の芸名は使えません。 今後広瀬香美を名乗っての活動は一切できません。もし使った場合は法的措置が取られます。」

おお~なかなか厳しい対応じゃないですか。

相当話がこじれたのでしょうね。

決して円満退社とはいえないような状況ですね。

スポンサーリンク



広瀬香美さんがこのように元所属事務所を辞めるきっかけとは?

今年2月広瀬さんから社長職を譲るように迫られたそうです。

平野社長は1年間やって業績が上向いたら変わるというのはどうかと提案したそうです。

しかし広瀬香美さんは今すぐ社長の印鑑を欲しいというのを譲らず4度も話し合いが行われたようですが結局話がまとまらなかったそうです。

何でそこまでして社長にこだわったのかは不明ですが、ここまでモメてしまったら続けることはまず無理でしょう。

というかそこに居づらいのは確かですよね。

広瀬香美さんは

「広瀬香美としての活動は今まで通り続けて続けていきますので心配しないでください。」

と言っているですが広瀬香美としての名称を使えない以上どうするのでしょうか。

スポンサーリンク



さいごに

広瀬香美という芸名の使用について代理人弁護士は権利はあくまで平野氏にあり勝手に使うことができないそうです。

「絶好調~真冬の恋~スピードに乗って~」

という勢いではやっていけなくなるでしょうね。

元事務所としては勝手に宣言されたため戸惑いを隠せず、広瀬香美さんからの要求は全部飲むつもりで働くかけましたがダメでだったそうです。

今後どのような展開を見せるでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする