【子犬工場】超過密状態で400匹飼育:福井県坂井市

あり得ない高密度状態で犬を飼い、どんどん増やして出荷していくシステム「子犬工場(パピーミル)」

全国各地で問題となっているようだ。

こんなに無惨な光景が広がっているにもかかわらずブリーダーはおそらく犬を商品としてしか見ていないから、できる所業であろう。


ツイッターより引用
 

これでは大量生産かつ高密度で飼育される養鶏場と変わらない。

悪環境で飼われている犬の気持ちを少しは考えて欲しいものである。

犬のストレスは相当なものとなっているのに違いない。

スポンサーリンク


を商品としか見ることができない人間はブリーダーなんてやってはいけない

子犬工場という名称がついても何も不思議には思わない。

工場のモノようにどんどん子犬が生産され出荷されていくのだから。

犬も命ある生き物ですから粗末に扱われてはいけない。

動物愛護法違反で刑事告訴される模様

今回問題となっているのは福井県坂井市にある動物販売業者である。

公益社団法人日本動物福祉協会が福井県警に刑事告訴する予定であるという。

なんとその業者ではたった二人で約400匹の世話をしていたという。

自宅で犬一匹飼うのでも大変であるのに400匹なんて…

400匹の世話は物理的に無理であって当然病気やケガの治療が行われるはずもなく、そのまま放置される。

しかもエサは一日一回というありえない状態が続いていたそうである。

動物達にとってはまさに地獄そのものであり取り締まられなければならない。

もし販売業者がいなくなったりしたらこの犬たちはどうするのだろうか。

このように無責任な飼育をするから殺処分になったりする犬が絶えないのである。

スポンサーリンク


いごに

犬の命を軽視するこの悪徳動物販売業者には厳しい処分が必要だと考える。

今回刑事告訴される動物販売業者にような施設は全国に多くあり、取り締まるには少々厳しくしないと減少しない。

動物を飼育する方々はどの命の在り方を今一度考えてみる必要があるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする