一生に一回しか見られない!?スーパーブルーブラッドムーンを見よう

満月というのは普段何気なく見ていると思いますが、本日1月31日夜は一世紀に一度といわれる「スーパーブルーブラッドムーン」が観察できる何ともスペシャルな日です。

この機会にぜひ観測したいですね。

今日を逃すと今後は見ることができないかもしれませんから。

スポンサーリンク


ーパーブルーブラッドムーンの神秘的な姿に圧倒されることに間違いなし

スーパームーン+ブルームーン+ブラッドムーンというものが重なった奇跡の満月です。

スーパームーン、ブルームーン、ブラッドムーンそれぞれは聞いたことがあるかもしれません。


ツイッターより引用

スーパームーンとは?

「大きな満月」という認識がある方が多いのではないでしょうか?

それで良いと思います。

明確な定義がないそうで月と見る人が近い時が大きく見えるわけです。

スーパームーン=見る人と月が近いから大きく見える(月が地球に接近した時) 

くらいの認識でよいと思います。

ブルームーンとは?

ごくまれにしか見られない「青い月」で昔からこれを見ると不吉なことが起こるとされていました。

確かに月というのは神秘的なものでありながら、青白く輝いていると不気味な感じがしてしまいます。

なぜかその不気味なイメージは払拭されたようで、

現代では見ると幸せになれる月というものに変わったようです。

ブルームーンが起こる時は一か月に満月が2回見られます。

最近ブルームーンが起こったのは以下のとおり

1999年1月2日・31日

1999年3月2日・31日

2001年11月1日・30日

2004年7月2日・31日

2007年6月1日・30日

2009年12月2日・31日

2012年8月2日・31日

2015年7月2日・31日

2018年1月2日・31日

2018年3月2日・31日

2020年10月1日・31日

wikipediaより引用

ブルームーン=大気中の浮遊物の影響により青く見える月、見るとハッピーに

スポンサーリンク


ブラッドムーンとは?

いわゆる皆既月食であり太陽、地球、月が一直線に並ぶため起こります。

赤く光っているように見えるのは太陽の光が大きく関係しています。

皆既月食が起こっても月は完全に見えなくなるのではなく暗くなるだけですが、そこから少しずつ赤みを帯びて最終的には赤銅色になります。

その赤銅色が血の色と似ていますので「血の月」⇒「ブラッドムーン」と呼ばれるようになりました。

なんとも気持ち悪い感じがしますが実際は神秘的な気分になることでしょう。

これを見ることができる機会だけでも相当少ないのにレアな月が3つも同時に見られるとは大変貴重な体験をできることは間違いありません。

スポンサーリンク



の3つの現象が偶然にも重なる日が1月31日のスーパーブルーブラッドムーン

ぜひとも観察したいところですが気になるのは天気ですね。

今日は残念ながら天気が悪い所が多そうです。

今曇っている、雪または雨が降っている地域の方は雲が切れるのを願うしかありません。

日本国中で広く観測できるそうです。

時間帯としては21時から23時頃だそうで思い出したら空を眺めてみてください。(ちなみに一番よい時間は22時30分です)

忘れてしまいそうな方はアラームでもセットしておきましょう。

大変神秘的な光景がみえるかもしれませんよ。

東の空から南の空で見る事ができますのであらかじめ方角を確認しておくといいかもしれませんね。

良い観測ができることをお祈りしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする