まるでドラえもんの翻訳コンニャク!遂に出た音声翻訳デバイス「ili」2018

まるでドラえもんの翻訳コンニャク!遂に出た音声翻訳デバイス「ili」2018

ドラえもんに登場しそうな機器が発売されました。

その名も

「ili」2018年版

その性能と実用性に驚き!!

 

スポンサーリンク



ベンチャー企業のログバーより12月6日より発売。

イリーと読みます。

12月6日から販売を開始したが、わずか一時間で完売となりました。

一時間で2018台売れたってことは一分で約34台ほど売れる計算になります。

確かにこの機器一台で主要言語を翻訳してくれるのであれば海外旅行にも大活躍間違いなしです。

 

 

性能文句なし!

 

・日本語・英語・韓国語・中国語に対応している

iliに話しかけてから0.2秒に発話してくれる

・日常会話に特化した辞書が組み込まれており話しかけた内容に適したフレーズを選択してくれる

主要な言語を翻訳してくれれば今後東京オリンピックで外国人観光客が増えても何も臆することはありません。

0.2秒で発話してくれるなんて普通に会話していても違和感がありませんね。
翻訳が遅いと会話が途切れ途切れになりスムーズなコミュニケーションを取れませんから。

日常会話に近い感覚で翻訳してくれるなんて素晴らしいですね。

従来までの翻訳機器だとまるで定型文のような畏まった内容に
翻訳されることが多いように感じましたが、より親近感が持てる会話になることでしょう。

スポンサーリンク


その実用性はいかに?

 

やはり気になるのはどれだけ長い時間使えるのかということでしょう。

なんとバッテリーの持続時間は3日!

三日も充電なしで使えるなんて「ili」すごいですね。

急に外国人に道を聞かれた場合などに役立つ

起動時間1秒!

さらにオフラインでも使用できます。

ネット環境が整っている場所ばかりではありませんからね。

サイズも小さく手で握ったりカバンに入れたりする時も非常に便利です。

 

まとめ

 

これからますます国際化が進む現代において「ili」は買いですね。

今さら英語や中国語を勉強するのはツライという方におすすめです。

これがあれば海外旅行に行ってもコミュニケーションが取りやすくより充実したものとなるでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です