【プレミアムフライデー】いつから?何かの役立っているの?

今やあまり話題に上らなくなった

プレミアムフライデー

2017年2月から始まったのを覚えていますか?

毎月最終金曜日に仕事を午後3時に終了させ早期退勤を促すために作られたものなのです!

経済産業省、経団連、小売りなどの団体が中心となり最初はかなりアピールされていました。

大々的にキャンペーンなどを行っていたのにも関わらず、いつの間にかその言葉すら聞かなくなってしまいましたね。

スポンサーリンク




あんなに派手に宣伝して結局空回り…働き者が多い日本人には馴染まないプレミアムフライデー

プレミアムフライデーが導入された当初はテレビなどでも早く帰って居酒屋などで明るいうちから酒を酌み交わすサラリーマンの姿がよく映し出されていたものです。

百貨店・スーパー、ネットショップなどでもプレミアムフライデーセールと銘打った企画を催していましたね。

しかし、今そんな事やっているところはあるのでしょうか?

あったとしてもごく少数なのではないでしょうか。

もはや「ああ、プレミアムフライデーねぇ…今もやってるの?」

という具合でしょう。

みんな知ってはいるんですよ、プレミアムフライデーという言葉を。

結局のところ、仕事残して帰るわけにはいかないわけです。シワ寄せが後にやってくるのは目に見えているわけです。

他にも残業して収入を増やしたいという人にとっても非常な厄介なプレミアムフライデー。

大手企業を中心に約2000社が一応行ったようですが、仕事が残っているのに退勤を強制できずに各自の判断に任せるところが多いようです。

当然のことでしょうね。

仕事が残ってるのに早く帰らせればもちろん仕事が遅れますから、困るのは最終的には会社なのです。

プレミアムフライデーを採用していない会社も数多くあるわけで急いで物が欲しい時取引先に

「プレミアムフライデーなので今日は午後三時以降にご注文はお受けできません。」

なんて言われたら、取引先変えようか迷ってしまいます。

スポンサーリンク




私の会社は月末月初は忙しいんです!それなのに月末の金曜日は早く帰れって言われても…

私の会社は月末月初は非常に忙しくて早く帰るなんて空気の読めない事は到底できません。

皆さんの会社はどうですか?

月末の金曜日に早く帰ることができる会社はなかなかないのでは?

プレミアムフライデーによって消費拡大を狙ったようですが、ほとんど効果がないのではないかとの専門家からの指摘もあります。

しかも小売り業や飲食業はプレミアムフライデーにはもちろん帰ることができないわけで業種によって偏りが激しいことも問題です。

さいごに

特に大きく消費拡大にも繋がらないし、仕事の効率も悪くなる、どうせ他の日に残った仕事をやらなきゃいけない。

ハッキリ言って何の約にも立っていません!

正直、意味がないばかりか逆に悪い試みではないかと思うほどの愚策。

早く止めた方がよいのでは?

おそらく自然消滅するでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする