東京オリンピック開会式の入場順は「50音順(あいうえお順)」です!

4年に一度開催れるスポーツの祭典であるオリンピック。

前回の2016年のリオデジャネイロ大会から早4年が経とうとしています!

オリンピックの開会式といえば開催国の力が入った演出が見物ですが、各国の選手団の入場も見逃すことができないスペシャルなイベントといえるでしょう。

様々なスポーツのスーパースターが一同に会するなんてことはなかなかないですから。

そこで今回は東京五輪2020(東京オリンピック)の開会式の各国選手団の入場順についてご紹介したいと思います。

東京オリンピック開会式の入場順は一部例外を除いて「50音順(あいうえお順)」となっています!

オリンピックの開会式は開催国の文字を順序決めする方法を用いて入場順を決めるのが一般的です。

日本ではだれもが知っている「50音順(あいうえお順)」で入場順を決めたものが東京オリンピック2020で採用されることとなりました。

幼稚園児から高齢者の方までだれもが知る「50音順(あいうえお順)」は日本においてはスタンダードな文字の並びですが、日本で行われた過去3回のオリンピックの入場順は日本の言語でアルファベッド順でした。

しかし近年は国際オリンピック委員会(IOC)が開催国の言語で順序決めされた入場順を勧めていることから「50音順(あいうえお順)」になったのです。

韓国で行われた平昌オリンピックの際、入場順は「カナダラ順」であった記憶があります。韓国での「あいうえお順」のようなものです。

日本なんだから50音順(あいうえお順)が当然だと思いますが、今まで日本で行われたオリンピックで初の入場順です。意外ですね。

東京オリンピックの入場順は基本的には「50音順(あいうえお順)」なのですが、一部例外があります。

それは先頭ギリシャであるということと、2番目が難民のチームが続くということです。

それと最後はもちろん開催国の日本ですが、その前にアメリカ(2028年ロサンゼルス)、フランス(2024年パリ)が入場してきます。

このように50音順の入場順に例外の選手団もあるのです。開催国の前に未来の開催国が来るのは次の大会に向けて目立たせようとするということですね。

ギリシャが先頭なのはギリシャがオリンピック発祥の地であって当初から先頭のようです。

東京オリンピックの参加予定国を入場順であろう50音順に並べてみました!

ギリシャ共和国(オリンピック発祥の国)
ギリシャのオリンピック入場順一番についてはこちらをご覧ください☟


難民選手団(難民オリンピックチーム)
難民選手団についてはこちらをご覧ください☟

アイスランド共和国
アイスランドってどんな国?はこちらをご覧ください☟


アイルランド

アゼルバイジャン共和国

アフガニスタン・イスラム共和国

アラブ首長国連邦

アルバ

アルジェリア民主人民共和国

アルゼンチン共和国

アルバニア共和国

アルメニア共和国

アンゴラ共和国

アンティグア・バーブーダ

アンドラ公国

イエメン共和国

イスラエル国

イタリア共和国

イラク共和国

イラン・イスラム共和国

インド

インドネシア共和国

ヴァージン諸島

ウガンダ共和国

ウクライナ

ウズベキスタン共和国

ウルグアイ東方共和国

英領ヴァージン諸島

エクアドル共和国

エスワティニ王国

エルサルバドル共和国

エジプト・アラブ共和国

エストニア共和国

エチオピア連邦民主共和国

エリトリア国

オーストラリア連邦

オーストリア共和国

オマーン国

オランダ王国

ガーナ共和国

カーボベルデ共和国

ガイアナ共和国

カザフスタン共和国

カタール国

カナダ

ガボン共和国

カメルーン共和国

ガンビア共和国

カンボジア王国

ギニア共和国

ギニアビサウ共和国

キプロス共和国

キューバ共和国

キリバス共和国

キルギス共和国

グアテマラ共和国

グアム

クウェート国

クック諸島

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)

グレナダ

クロアチア共和国

ケイマン諸島

ケニア共和国

コートジボワール共和国

コスタリカ共和国

コソボ共和国

コモロ連合

コロンビア共和国

コンゴ共和国

コンゴ民主共和国

サウジアラビア王国

サモア諸島

サモア独立国

サントメ・プリンシペ民主共和国

ザンビア共和国

サンマリノ共和国

シエラレオネ共和国

ジブチ共和国

ジャマイカ

ジョージア

シリア・アラブ共和国

シンガポール共和国

ジンバブエ共和国

スイス連邦

スウェーデン王国

スーダン共和国

スペイン

スリナム共和国

スリランカ民主社会主義共和国

スロバキア共和国

スロベニア共和国

セーシェル共和国

赤道ギニア共和国

セネガル共和国

セルビア共和国

セントクリストファー・ネービス

セントビンセント及びグレナディーン諸島

セントルシア

ソマリア連邦共和国

ソロモン諸島

タイ王国

大韓民国

タジキスタン共和国

タンザニア連合共和国

チャイニーズ・タイペイ(台湾)

チェコ共和国

チュニジア共和国

チャド共和国

中央アフリカ共和国

中華人民共和国

朝鮮民主主義人民共和国

チリ共和国

ツバル

デンマーク王国

ドイツ連邦共和国

トーゴ共和国

ドミニカ共和国

ドミニカ国

トリニダード・トバゴ共和国

トルクメニスタン

トルコ共和国

トンガ王国

ナイジェリア連邦共和国

ナウル共和国

ナミビア共和国

ニカラグア共和国

ニジェール共和国

ニュージーランド

ネパール連邦民主共和国

ノルウェー王国

バーレーン王国

ハイチ共和国

パキスタン・イスラム共和国

バヌアツ共和国

パナマ共和国

バハマ国

パプアニューギニア独立国

バミューダ諸島

パラオ共和国

パラグアイ共和国

バルバドス

パレスチナ

ハンガリー

バングラデシュ人民共和国

東ティモール民主共和国

フィジー共和国

フィリピン共和国

フィンランド共和国

ブータン王国

プエルトリコ

ブラジル連邦共和国

ブルガリア共和国

ブルキナファソ

ブルネイ・ダルサラーム国

ブルンジ共和国

ベトナム社会主義共和国

ベナン共和国

ベネズエラ・ボリバル共和国

ベラルーシ共和国

ベリーズ

ペルー共和国

ベルギー王国

ポーランド共和国

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボツワナ共和国

ボリビア多民族国

ポルトガル共和国

ホンコン

ホンジュラス共和国

マーシャル諸島共和国

マケドニア旧ユーゴスラビア共和国

マダガスカル共和国

マラウイ共和国

マリ共和国

マルタ共和国

マレーシア

ミクロネシア連邦

南アフリカ共和国

南スーダン共和国

ミャンマー連邦共和国

メキシコ合衆国

モーリシャス共和国

モーリタニア・イスラム共和国

モザンビーク共和国

モナコ公国

モルディヴ共和国

モルドバ共和国

モロッコ王国

モンゴル国

モンテネグロ

ヨルダン・ハシェミット王国

ラオス人民民主共和国

ラトビア共和国

リトアニア共和国

リビア

リヒテンシュタイン公国

リベリア共和国

ルーマニア

ルクセンブルク大公国

ルワンダ共和国

レソト王国

レバノン共和国

ロシア連邦

アメリカ合衆国(2028年ロサンゼルス)

フランス共和国(2024年パリ)

日本国(開催国)

東京オリンピックの開会式についてより詳しく

まず東京オリンピックの開会式の日時、場所についてご紹介したいと思います。

またアクセスについてもご紹介していますので参考になれば幸いです。

東京オリンピック開会式の日程は?

2020年7月24日金曜日です。

ちなみにこの日はスポーツの日として祝日となっています。祝日が増えてラッキーなんて思ったら大間違いです。10月の体育の日がただ7月に移動しただけなのです。それでは次の年から体育の日はスポーツの日として7月になるのかといえばそれも違います。10月に戻りスポーツの日として祝日となります。

東京オリンピック開会式の時間は?

20時~23時です。

東京オリンピック開会式の場所は?

オリンピックスタジアム(新国立競技場)です。

新しく生まれ変わった国立競技場ですね。木がふんだんに使われていて、とても画期的なスタジアムだと思います。もちろん開閉会式以外にもサッカーや陸上などの競技会場にもなっています。

オリンピックスタジアムへのアクセスは?

開会式や競技が行われる時には公共交通機関を利用してくださいね。

オリンピックスタジアムに行くことができる鉄道の駅は

徒歩で時間が短い順に

  • 都営大江戸線「国立競技場駅」
  • JR総武線「信濃町駅」、「千駄ヶ谷駅」
  • 東京メトロ副都心線「北参道駅」
  • 東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目駅」
  • 東京メトロ銀座線「外苑前駅」

いずれかで下車し、徒歩で向かうことになります。

どの駅で降りても通常であれば15分程度で到着できますが、開会式の日はかなり多くの人々が移動するため時間が普段よりもかかりますので時間に余裕を持ってお出かけくださいね。

*このおすすめの下車駅は現時点のものなので推奨ルートが変更になった場合はそちらに従ってください。

 

おすすめの記事