大塚製薬オロナミンC800万本自主回収:キャップが飛んでケガをする恐れ


大塚製薬HPより引用

オロナミンCというと大塚製薬の定番商品。

ほとんどの人は一度は飲んだことがあるであろう、オロナミンC。

ビタミンCの含有量が多いオロナミンC。ちなみに名前の由来でもあります。

オロナミンCって似たような味の商品っていっぱいありますよね、デカ〇ビタとか。

たま~飲みたくなるんですよね、炭酸も割と強いし美味しいですよね。

でも糖分はたくさん入っているので飲み過ぎると肥満のもとになります。一日一本程度が適量と言われています。

あの味の元祖ともいえるオロナミンCに今大変な事が起こっているのです。

スポンサーリンク


シャンパン並みにフタが吹っ飛ぶ恐れあり!飲む時は製造場所の確認を!

皆さんオロナミンC飲みますか?

エナジードリンクとは違いますが、割と優れた飲み物なのです。

エネルギーや炭水化物(糖類)といった人間の動力源となる栄養素、特にビタミンC、ビタミン群が多く配合されています。

ただカフェインが含まれていないのでエナジードリンクを飲んだ時のような覚醒作用や高揚感はありません。

あくまでも栄養補給を目的とした飲み物ですから。

カフェインが苦手という方もたくさんおられると思いますから、ちょうどよいですね。

炭酸飲料が苦手な方は少しツライかもしれませんが、うちのばあちゃんはフタを開けてしばらく冷蔵庫の中で放置して炭酸が抜けてから飲んでいた記憶があります。

それが良いのか悪いのかわかりませんが。

今となっては珍しいビンに入っていて発売当時から変わりません。

スポンサーリンク



問題となっているのはそのビンのキャップの部分です

ビンの口の部分の不具合で開封時にキャップが勢いよく飛ぶことがあります。何気なくオロナミンCを飲もうとキャップを開けたら勢いよくぶっ飛んで顔に直撃でもしたら危なくて仕方ないですね。

自主回収されるのは大塚食品釧路工場で製造された「オロナミンCドリンク」およそ780万本と「オロナミンC ROYALPOLIS」およそ20万本で計800万本になります。

ですから自宅に買い置きしている方は製造所の固有番号を確認しておいてくださいね。

「オロナミンCドリンク」

JANコード:4987035089315

ラベルおよび瓶底部に下記3つの記載がある商品

①賞味期限:18.12.12~19.06.17 及び 19.06.24~19.06.26

②製造所固有記号:OFK

③びん製造所記号:T1

「オロナミンC ROYALPOLIS」

JANコード:4987035561712

ラベルおよび瓶底部に下記3つの記載がある商品

①賞味期限:19.05.10

②製造所固有記号:OFK

③びん製造所記号:T1

大塚製薬 回収受付窓口
フリーダイヤル 0120-050-616
受付時間 平日 月~金 9時から17時まで (7月中は土日も受付いたします。)

大塚製薬HPより引用

さいごに

あくまでも未開封の商品を返品できるというものです。飲んでからではダメです。

ちなみに返品すると商品券という形で返してくれるそうなので、もし未開封の商品があれば一度安全のためにも確認するとよいでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする