5月15日午前10時25分頃に千葉県市原市五井中央西2丁目の公園で車が砂場に突っ込む事故が発生しました。最近多発する車による事故の数々。

フェンスに囲まれていた公園の砂場なんて安全と思い子どもを遊ばせるのは当然の事ですよね。そんな安全そうに思える公園の砂場もが危険地帯となってしまったのです。

30代女性保育士が右足首の骨折!園児は無事!何で人がいる場所に車が突っ込んでしまうのか?

車が突っ込んだ公園の砂場には保育園児が遊んでいて引率の30代女性保育士が引率していたといいます。

いつも思うのですが、道路などでもなぜか人がいる方向へ吸い寄せられるように車が突っ込んでいくのはなぜでしょうか?

集団登校の列や団体で信号待ちしているところなど、何でわざわざ人がいるところなのでしょうか?

突っ込むなら迷惑のかからない路肩にでも落ちればいいのです。

今回の砂場に車が突っ込んだ件でも広い公園内でなぜ人が遊んでいる砂場に突っ込んでしまうのか。

公園なんて混み合ってない限り人がいない場所の方がはるかに多いはずなのに。

逮捕されたのは65歳の男性、また踏み間違えか?

公園の駐車場に停まっていた容疑者の車ですが何と駐車場は道路を挟んで向かい側にあるのです。そこから公園に突っ込むんでしまうというのは普通では到底考えられない事です。

駐車場から車を発生させる際の何かが起こりブレーキを踏んだ時にそれがアクセルだったのでしょうか。

Twitterより引用

もしアクセルとブレーキを間違えたなんて事が起こったら運転免許を返納した方がよいかもしれませんね。

次は何かの店舗に突っ込んで多数の被害者を出す可能性がありますから。

さいごに

今回は不幸中の幸いといえましょうか死亡事故に至らなくて本当に良かったと思います。そんな事故で小さな命が奪われるということはあってはなりません。全国各地で毎日のようにこのような事故が発生して本当にうんざりしてしまいます。

おすすめの記事