今日から9連戦!大谷翔平選手は強豪レッドソックスが初戦の相手

レッドソックスの地元ボストンの地元紙からはエンゼルス二刀流大谷翔平とレッドソックスの初対決に戦々恐々とする様子が書かれています。

今シーズンのレッドソックスは全チーム中最も高い勝率を誇っています。

素晴らしい球団と誰しもが理解しています。

「そこに負けないような準備をすればいい。連戦の初戦ですごく大事な試合。」

と大谷翔平は語っています。

スポンサーリンク


今日から始まる三連戦の初戦の行方は?エンゼルス大谷翔平 VS 最強レッドソックス打線!

ボストンレッドソックスは大谷翔平選手3度目の登板で最強の敵にはなるんではないでしょうか。

1901年にできた野球チームでチームの歴史は古くからあります。

1901年とはレントゲンさんが第一回ノーベル賞 をX 線で受賞した年です。

想像もつかないくらい大昔の事だといえますね。

レッドソックスは名門のチームであり今までの栄誉は数限りなくあります。

元祖二刀流のベーブルースが在籍していたチームとしても有名です。

ワールドシリーズ優勝8回!

メジャーリーグは30チームありアメリカンリーグとナショナルリーグに分かれていますがそのリーグでまず優勝して直接対決となるわけですが、そこで勝って初めてワールドシリーズ優勝となるわけです。

レッドソックスは日本のプロ野球球団で例えるならば阪神タイガース、ヤンキースは巨人といったところでしょう。

ファンは熱い人が多そうですね。

ちなみにベーブルースが在籍していたのは1918年でピッチャーとして13勝で打者として11ホームランを打つという素晴らしい結果出しました。

少ないと思うでしょ?

当時のアメリカは戦時下にあり、野球どころではなかったのです。

ですからかなり少ない試合数の中でのこの結果ですからすごいといえます。

1919年に金銭トレードでヤンキースへ移籍しました。

ですからレッドソックスも二刀流にゆかりがある球団なのです。

スポンサーリンク



レッドソックスは日本でもおなじみの球団です!

レッドソックスで活躍した日本人選手をご紹介しましょう。

  • 野茂英雄投手
  • 岡島秀樹投手
  • 松坂大輔投手
  • 上原浩治投手

以上日本で有名な選手が多く在籍していた事で知られています。

13勝2敗、勝率.867勝ち越し ていてチーム打率275 チーム防御率2.94 と現在最強といっても過言ではありません。

大谷選手獲得に隠された裏話とは?

当初からスカウトがものすごく獲得する意欲が強くて日本を直接11回も訪問しているといいます。

去年の冬に大谷翔平選手に対してチームとを紹介するための25分の動画を日本語と英語で作成しています。

どうにか大谷翔平選手の興味を引こうとしたわけですね。

内容は100年前にベーブルースがレッドソックスの素晴らしい二刀流流選手だったというものです。

二刀流つながりで共感する部分も多くあったことでしょう。

それが歴史的に特別であることかを紹介されています。

もうすでに監督と大谷選手の起用法について話し合いを進めていたようです。

もう獲得したかと思わせるほどの状態だったんですね。

しかし最終選考に登れず…

レッドソックスの編成最高責任者であるドンブロフスキー氏は

「我々が大谷選手獲得に挑戦できるポジションであったらと思う。」

とは語っていました。

よほど残念だったのでしょう。

レッドソックスは二刀流のこの天才と契約したいと強く望んでいました。

チーム的にも相当ショックですしファンとしても本当に大谷選手が欲しかったんだと言えますね 。

最後には西海岸のチームが残ってそこでエンゼルスに行くことになったのです。

スポンサーリンク



 レッドソックス打線このバッターに要注意!!

レッドソックスの打撃力は半端ではありません。

これまでも各球団のエース投手がかなり打たれています。

  • 遅咲きの大砲 四番ドマルティネス選手
    2015年シルバースラッガー賞を受賞しています 。
    去年ホームラン45種5本 打点104点と驚異的なスラッガーと言えましょう。
    今月12日には田中将大と対戦していますが満塁ホームランを打っています。
  • ドミニカの英雄の人 ハンリーラミレス選手
    打率3割3分3厘 ナショナルリーグ新人王、2006年首位打者、2009年シルバースラッガー賞、通算1797安打、ホームラン266本打っている素晴らしいバッターです。
    田中将大と対戦しましたが初回にホームランを打っています。
    ドレッドヘアが似合うこの長距離砲をどう攻略している子が大谷翔平の課題と言えましょう。それでもこのドレッドヘアといかつい風体からしてすごい長距離砲を打ちそうな感じがします。
  • レッドソックスの二刀流(ある意味) ムーキーベッツ選手
    一番 2016年シルバースラッガー賞を受賞しています。
    2年連続100打点以上3年連続20盗塁以上 投げては ワールドシリーズで完全試合をしています。
    なんとボウリングのワールドシリーズでスコア300出したんです。
    ある意味すごいですよね、 ピッチャーと二刀流ではなくボウリングとの二刀流なんです。
    全米プロボウリング協会主催の大会での結果ですから、もちろん公式ですよ。

スポンサーリンク



さいごに

今日の昼頃から試合が始まるそうなので大谷選手への期待が高まるばかりです。

強敵レッドソックス相手にどこまでできるのか楽しみですね。

応援しましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする