【ノドグロ】アカムツとクロムツの違いとは?どちらもノドグロですが

アカムツという魚をご存じでしょうか?

ノドグロと呼べばわかる方はたくさんいるのではないでしょうか。

ノドグロは白身の大トロと呼ばれている魚で石川県の「食べてみたい・飲んでみたいもの」で常に上位にランクインする高級魚です。石川県へ観光に行くと多くの人がお土産として選んでいる人気の魚です。

こちらの記事もおすすめ!

そのノドグロですが皆さん食べたことありますか?それはもう「こんなに美味しい白身魚食べたことない」というほどなのです。

ノドグロ(アカムツ)の味とはどのようなものか非常に気になりますよね?

一言で表すと 「濃厚」 というほかありません!!

脂の旨味、濃厚さがこのノドグロの最大の特徴です。

ノドグロ(アカムツ)の身は上品な脂が乗っていて口の中に入れると甘みがあり、非常に美味といえます。口の中に入れた時のとろけてしまうような旨味が広がる感動が忘れられません。他の白身魚といえば煮つけや刺身にするとあっさりと淡泊な感じがしますが、ノドグロ(アカムツ)はとにかく濃厚なんです!

人によっては

「いくら高くても食べたい」くらいの非常に人気が高い魚です。

確かにノドグロって美味しいんですよ。

私的には刺身や煮付けも良いのですが、刺身を少し炙ったものが一番好きです。

少し炙ってあるとより甘みが濃厚に感じてクセになりますよ。

あんな高級魚がクセになったらお金がかかって大変ですけどね。

子どもが寿司店で多く注文すると後々お会計が怖いですね。

アカムツとよく似た「クロムツ」という魚も存在します。

この魚も実に美味なのです。

アカムツクロムツ見た目もそっくりなのでクロムツを赤くしたらアカムツにしか見えません。

スポンサーリンク


アカムツにそっくり!クロムツってどんな魚なの?

アカムツノドグロと一般的には言いますが地域によってはクロムツもノドグロと呼ばれているそうです。

紛らわしいですね。

だけどクロムツも脂の乗りも良く、味も食感にいたってもアカムツに引けを取りません。

だからノドグロを提供する店の中にはクロムツノドグロと称して出すところもあるそうです。

確かにある地方でノドグロと呼ばれてはいるので嘘というわけではないですが、何か腑に落ちない感じがします。

私なんて味に敏感なわけでもないので

「おっ!さすがはアカムツだな~脂が上品な事。」

なんて自慢気に言ってしまうでしょう。

お客さんはノドグロアカムツだと思っている人が大半だと思いますので、これを知らされたら騙されたと思うことは間違いないでしょう。

知らない方が幸せなこともあるのですよ。

美味しいと思えばアカムツでもクロムツでも良いのですが、価格は全然違います。

その差は約二倍だと言います。

ノドグロ(アカムツ)のお取り寄せなら⇩

http://osakanatowm.blog.jp/archives/12429357.html

それをノドグロ(アカムツ)の値段でクロムツを提供されると気分が悪いのは当然です。

そこで

クロムツノドグロと呼ばれているんですよ。」

なんて言ったところで何の解決にもなりません。

いっそのことクロムツクロムツとして出せばよいのですよ。

クロムツだってとても美味なわけですから。

人によって好みは様々でありクロムツの方が好きだという人も多いかもしれません。

「アカムツ🆚クロムツ」

~本物のノドグロの栄冠はどっちに?~

みたいな対決をすれば面白いと思うところです。

おすすめの記事