フレキシタリアンダイエットとは?柔軟なダイエットで無理なく痩せる

「最近お腹がたるんできたな」

「夏に向けて今からダイエットがんばらなくちゃ」

とか思うけどなかなか行動に移せないものです。

答えは簡単、ダイエットとは非常に精神的な我慢が強いられるからです。

今まで好きなものさえまともに食べられない、空腹を我慢する必要がある、など相当精神的にまいってしまうものばかりでありメンタルの強さも要求されます。

食欲は三大欲求の一つであり、抑制するのは困難を極めることでしょう。

そんな我慢するのが苦手な貴方にぜひおすすめしたいのがこの「フレキシタリアンダイエット」です。

スポンサーリンク


今まで無理なダイエットで失敗していた方におすすめ「フレキシタリアンダイエット」で我慢を少なく楽にいきましょ🎵

ダイエットの最大の課題といえば湧き上がる食欲をいかに抑えるかということになってきます。

「太ってきたから晩御飯を食べない。」

「明日から炭水化物を抜いてみようかな。」

つらいですよね、というかストレスたまってどうにかなりそうになります。

フレキシタリアンダイエットの最大のメリットは他のダイエットのように何かを厳格に禁止するといったことが無い事です。

人間何かを禁止されると逆にそれをしたいという欲求が強まってくるものです。

フレキシタリアンダイエットでは食べるの禁止ではなく、「食べ過ぎに気を付けましょう」といった具合に柔らかな表現であくまでも「気をつけましょう」なのです。

揚げ物や甘いモノを食べたくなるのは人間として当然ですが、これを目の前にすると食べるの禁止されていた場合はイライラしてどうしようもないものです。

しかし少し食べてもいいよっていうのなら話は別です。

しかもそれで食べ始めると頭の中で「食べ過ぎに気をつけましょう」となれば食べる量を少なくしようという意識が芽生えてきます。

食べられなくてイライラするよりも少し食べて満足する方が精神的に健全でしょう。

スポンサーリンク



何と全米でベストダイエット2018に選ばれた
「フレキシタリアンダイエット」
そもそもどういうダイエットなの?

「フレキシタリアンダイエット」は3つの単語が融合した造語なのです。

フレキシブル→柔軟

ベジタリアン→採食主義

ダイエット→ダイエット

この3つを合わせた言葉なのです。

簡単にいうと「柔らかい思考の菜食主義ダイエット」とでもいいましょうか。

「菜食主義であれど肉や魚、乳製品を適度に取り入れましょう。ただ量を気をつけましょう。」

といった感じのもので厳しいものが苦手な方には特におすすめですよ。

全米で選ばれている理由としてはやはりそこまで厳しくないので続ける事ができるということなのでしょう。

厳しいものだと挫折しやすいですから、メンタルが強くなければ続きません。

広く世間一般的に行われているものが良いダイエットといえますね。

スポンサーリンク



アルコールを飲んでも大丈夫!でも最低限の運動は忘れないで!

「フレキシタリアンダイエット」はお酒好きの方でも安心して行えます。

なぜならお酒は禁止されていません。

約100kcalまでなら摂取可能です。

私の好きなストロングゼロなら100mlあたり約54kcalですから200ml飲むことができます。

丁度お酒の量も減らすことができるので一石二鳥ですね。

しかしダイエットということを忘れないでください。

カロリーを消費するためにある程度の運動は必要です。

そんな激しい運動は全く必要ありません。

毎日の軽いウォーキングやジョギング、あと気が向けば軽い筋トレでも行うとよいでしょう。

こちらの記事もご覧ください⇩

忘年会シーズンにおいて毎週末暴飲暴食を繰り返し激増してしまった体重。 「ダイエットしなきゃダメだな。」 「とりあえず食事制限でも...

このようにまったく無理をする必要性は無いのです。

いかに無理なく続けるかという事がダイエットにとって大事なのではないでしょうか。

急激な食事制限ダイエットによって痩せてもリバウンドなどによってすぐに戻ってしまうばかりか筋力の低下などにより代謝が落ちてしまうため太りやすい体になってしまいます。

人間の体は急な事にはなかなか対応できないものなのです。

スポンサーリンク


さいごに

やはり良いダイエットというのは誰でも簡単にできて無理なく続けられるものが一番なのではないかと思います。

そのような観点からしても今回ご紹介している「フレキシタリアンダイエット」はその課題をクリアした素晴らしいダイエット方法です。

しかもこのダイエット方法は食事が野菜メインになってくるので健康面に関しても優れています。

ダイエットもできて健康的になるなんて一石二鳥ですね。

ぜひお試しくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする