ロジカルハラスメント:ロジハラをやりやすい人の特徴は?

世の中には様々なハラスメントがありますが、ほとんどやっている方は無自覚なわけで周りに注意されたり指摘されたりしてようやく気がつくというのが多いのではないでしょうか。

その中でも最近ツイッターなどでトレンド入りしたハラスメント行為であるロジカルハラスメント、通称ロジハラについてご紹介したいと思います。

ロジハラとは?ロジハラをやる人には特徴があるんです!

まず「ロジハラって何?」という方のために簡単にロジカルハラスメントについて説明すると

「相手の気持ちを考えず論理的に正しいと思われる話で相手を追い込み気分を害すること」

という行為です。

「正しいことを言っているのに何が悪いの?」と思ってしまうかもしれませんが、思いやりが全くないし言われた本人は精神的にやられてしまうことでしょう。

会社などでもミスを執拗にずっと叱責されたりするということもあると思います。

上司が全てを把握していて部下から謝罪もされているのにも関わらずにさらに畳み掛けるように追い込んでいくという事がロジハラに当たります。

決して上司の言っていることが間違っているわけでもありませんが、自分のミスに対して正論を言われ続けているとやはり苦しくなってきてしまうものです。

このような場合、たいてい上司はロジハラをしているという認識は全くないようです。

たいていの場合、人生で一回はこのような経験をした事はあるのではないでしょうか。

ロジハラをやっている方は正論を言っているわけですから、中々反論するのも難しいことと思います。

人を追い詰めてしまうロジハラですが、やってしまう人には特徴があるようです。

ロジハラをやってしまう人の特徴とは?

全てが当てはまるわけではありませんが参考までに...

  • 相手の気持ちを考えられない
    相手に気持ちを考えられなければ言葉で責め立てることも簡単にできてしまうものです。一度自分が言われたらどう思うかを考えた方が良いかもしれませんね。
  • 自分さえよければ良い
    こういう周りの迷惑も顧みない人が多いと世間は成り立ちません。こういう考えだと生きていくのが楽そうですね。
  • 優位に立ちたい負けたくない
    いつでもマウントをとりたい人はこの傾向にあります。たまにいますよね、話していても何だか高圧的で譲らない人って...こういう人はプライドが高く周囲を見下す傾向にあります。相手を必要以上に言い負かすことで自分が優位だということを確認しておきたいのでしょう。
  • 自分が正しい
    自分が正しいと思っていても、他人の意見にも耳を傾けるということが大切ではないでしょうか。
  • 世間に認められたい
    認められたいと思うのは良いと思いますが、あまりにも度を超えるとロジハラに繋がってしまうのです。

さいごに

正論を相手に教えてあげるということは大切だと思いますが、執拗に繰り返してしまうと精神的にやられてしまいますから、優しさを持って人の気持ちを考えて行動できると良いですね。

あなたにオススメ!

おすすめの記事