ぶっかけうどん半額(7月2日から三日間限定):丸亀製麺うどんの日

まず初めて知ったのが7月2日が「うどんの日」であるということです。

毎年7月2日頃に暦の上の「半夏生(はんげしょう)」が来ますが、この日を「うどんの日」として制定したのは1980年に香川県生麺事業協同組合です。

「半夏生」の日が「うどんの日」になっています。

そもそも半夏生って何だよ?と思いますよね。

「半夏生(はんげしょう)」夏至から数えて11日目です。

毎年7月2日頃から七夕(7月7日)頃までの5日間が半夏生となります。

丸亀製麺もぶっかけうどん半額を3日間限定といわずに、5日間やってくれればいいんですけどね。

この半夏生は農家では田植え終了の目安の日です。

その労をねぎらうために、うどんを打って食べる習慣があったそうです。

あくまで香川県での風習でしょう。

ちなみに関西では半夏生が終わるころにタコを食べる習慣があるそうですよ。

所変われば習慣も変わるということでしょう。

しかしながらこれにあやかってぶっかけうどんが三日限定で食べられるなんてお得ですよね。

「うどんの日」万歳!!

スポンサーリンク


うどんの日(7月2日)から三日間限定でぶっかけうどん(冷)が半額!混雑必死の丸亀製麺へ急げ!

「うどんの日」(7月2日)を記念して人気讃岐うどん専門店「丸亀製麺」が2日から3日間、「ぶっかけうどん(冷)」を半額で販売します。

うどんの日が記念すべきものであるかは疑問ですが、ぶっかけうどん(冷)が半額で食べられるのなら、正直なんだってよいわけです。

http://www.toridoll.com/より引用

半額となるのは「ぶっかけうどん(冷)」でおそらく食べた事がある方も多いはず。

茹でて水で締めたうどんにだしをぶっかけたシンプルな讃岐うどんです。

つるつるした喉ごしももちろんですが、丸亀製麺といえば思わず

「ん~ええダシや。」

と言いたくなるダシの旨さが特徴的ですよね。

丸亀製麺のぶっかけうどん(冷)が通常よりも半額の並140円、大190円で提供されるので注目したいところです。

スポンサーリンク


さいごに

私自身、丸亀製麺には週1くらいのペースで通っていまして、なかなか病みつきになってしまています。

ネギ入れ放題って最高じゃないですか。

7月2日から3日間限定でぶっかけうどん(冷)になるなら、3日間連続で行ってみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする