防災食はなぜまずいのか?理由は?でも美味しい方がいいよね!

日本で暮らしていると災害に見舞われて避難所で生活しなければならないということがあるかもしれません。

災害大国日本ですから台風・地震・大雨・洪水・土砂崩れ等、毎年全国各地で発生し被災した方々は避難所でし苦痛の避難で生活を強いられます。

避難してるときの唯一の楽しみといえばせいぜい食事くらいなものですが、時間がしばらく経過すれば温かい食事も提供されるでしょうが最初のうちは備蓄されている防災食を食べることになります。

それが高確率で不味いものが多い。

先日子どもが防災の教育を学校から乾パンを持ち帰ってきたのですが、珍しくて少しもらいました。

味も正直美味しくありません。

最近では乾パンよりも口に中の水分が奪われない物に変わりつつあるようですが...

何かエネルギーのある食べ物で長期保存できるものとして乾パンは備蓄用にはもってこいの食品ですが毎日食べるのは正直しんどいです。

防災食をなぜもっと美味しく作らないんだ?実は美味しい防災食ありますよ!

「何で防災食をもっと美味しく作らないんだ?」とか思いませんか?

実は防災食にはあまり美味しく作ってはいけない理由があるのです。

味が薄い味が薄く作られているものが多いのは幼児から高齢者まで幅広い年代、または病弱な人が食べられるようにという理由です。

ある程度味が濃い方が美味しく感じる場合が多いですが子どもにはそれが苦痛になってしまうかもしれません。

好みによらず食べられるようになっているのですね。

しかも味付けが濃いとどうしても水が欲しくなってくるものですが災害時には水の確保が大変になってくるのは容易に想像できます。

ですから味を薄めにして水を飲まなくても大丈夫なように作られているのです。

味付けが薄いと色々アレンジできていいかもしれませんね。

調味料で味を変えられれば毎日食べていても飽きにくいかもしれません。

しかし、できれば被災しても美味しいものが食べたいというのが本心です。

そこで今回は美味しい防災食をご紹介したいと思います!

これがおすすめ美味しい防災食です!

今回ご紹介する防災食はこちら⇩

食品添加物不使用にこだわった防災食セット

この防災食が多くの方に選ばれるポイントとして食品添加物を一切使用していないということです。

長期保存できる防災食のほとんどは保存料や甘味料、化学調味料、着色料が使われていて健康に良くないどころか美味しくありません。

長期保存できるという基本概念をぶち壊して一年単位で買い替えることを前提としているこの商品。

買い替える時に食べることになるのですが美味しいので何の苦にもなりません。

というかもっと食べたいくらいです。

健康志向で災害時でも不味い防災食を食べたくないという方にはベストな食品です!

こちらから⇩

食品添加物不使用の防災あたたか和食セット【エコワン防災オンラインショップ】
おすすめの記事