ポルシェでバイクをあおって転倒させ重傷を負わせた25歳医師逮捕

ポルシェで煽り運転をした25歳の医師が逮捕されました。

25歳の医師はバイクの男性に対して煽り運転の末、転倒させ重傷を負わせた危険運転致死傷など疑いで逮捕されました。

こんなに煽り運転に対して過敏になっているご時世にこんな事するなんて…

ただ煽り運転をするだけではなく実害を負わせているわけですから悪質極まりない行為です。

スポンサーリンク



愛車は高級スポーツカーポルシェ!そして事故当時の職業は医師だった!人を救う立場の人がなぜ?

3月18日午後1時44分頃神奈川県伊勢原市内でこのポルシェ煽り事件が発生しました。

周りを見渡すと畑が広がっている大変のどかな場所にて起こったものです。

こんな田舎の道でポルシェがバイクを煽る光景なんて考えられません。

現場となったのは畑に囲まれた田舎道で車が2台通れる程度の道幅です。

そこからおよそ1.5 km 離れた交差点で交通トラブルが発生しそれが全ての始まりだったわけです。

容疑者のポルシェの急な車線変更のために被害者の乗ったバイクが危険に晒されたため容疑者の車を追いかけ注意するとポルシェの25歳医師が腹を立ててバイクに幅寄せするなど煽り運転を行ったといいます。

その結果男性は道路脇の杭に衝突し転倒、左足の大腿骨を骨折するなどの重傷を負いました。

そのまま25歳医師はポルシェで逃走し、およそ1時間後に現場に戻ってきたそうです。

「バイクを追い越したのは間違いない車幅感覚を間違えた。」

などと言い訳にしか聞こえない供述をしています。

少し考えればこのような事態になる事は想像できると思いますが…

少しカッとなった位でこのような行為に及ぶ人が医師なんて勤まるのでしょうか。

スポンサーリンク



700万円のポルシェで煽り運転をしたとみられるこの男はどういう人物なのか?

いわゆる「おぼっちゃん」なんでしょうね。

研修医程度のレベルの人間がポルシェなんて買えるものなのでしょうか。

親に買ってもらったのでしょうね、「金持ちのボンボン」というのはこういう人の事を言うのでしょうね。

そのポルシェの男は自宅の周辺においても迷惑駐車を繰り返していたのだといいます。

ポルシェだからどこでも止めてもよいかというとダメに決まってます。

事件後勤務していた病院を退職し現在は無職だという25歳の医師ですが煽り運転で逮捕されて将来を失う可能性があるということを考えなかったのでしょうか。

ポルシェという高級車に乗ることで車の価値=自分の価値と勘違いしていて自分は偉いと思っていたのでしょう。

医師は犯罪を犯した場合どうなるの?

危険運転致死傷罪は15年以下の懲役で救護義務違反(いわゆるひき逃げ)は10年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

本来ならば医師として命を救うべき人間が怪我をさせている事は重大で一般人よりも重く処罰させられる可能性があります。

初犯でも実刑となる可能性もあり、 もし実刑になってしまうと医師免許の取り消しの可能性もあります。

ちなみに執行猶予であれば3年以内の資格停止処分です 。

スポンサーリンク



さいごに

今回のポルシェによる煽り運転はバイクのすぐ右側に来てタイミングを見計らって車の何度も ブレーキをかけ幅寄せしたものです。

このようなバイクを煽る車は後を絶たないといいます。

バイクは車より弱いんだという考えが気を大きくさせたたり、車と違う動きをするバイクにイライラしたのではないかと思いますが大変危険なので絶対にそのような事をやってはいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする