レスリング伊調馨がパワハラ被害でレスリング界から干されようとしている問題

オリンピック四連覇中の伊調馨選手ですがなんとパワハラ被害を受けているということが報道で伝えられました。

伊調馨選手といえば国民栄誉賞を授与されるほどのレスリング界の絶対王者である彼女の身に一体何が起こったというのでしょうか?


https://www.pinterest.com/pin/407294360034678683/より引用

そんなパワハラ被害を受けつつも勝ち続ける伊調馨ですが内面的には決して気持ちが良いものとはいえない事実が明らかになりました。

スポンサーリンク


スリング界のレジェンドともいえる伊調馨にパワハラする人は誰?そのパワハラの実態とは?

何とパワハラしている人物とは伊調馨の元指導者である栄和人氏

オリンピックなどでよく担ぎ上げられているだけあって目にしたことはあると思います。

あのスキンヘッドの彼ですよ、肩車されていた彼。


https://www.pinterest.com/pin/415386765614617370/より引用

栄氏自身も元レスリング選手であり、現在は至学館大学レスリング部監督や日本女子レスリングのヘッドコーチや日本レスリング協会女子強化委員長を務めています。

レスリング界においては知らない人はいないであろう有名な人物であります。

そんな人物が何故まるで嫌がらせのような行為を行っているのでしょうか?

一番の原因は彼のプライドを傷つけたため

これが本当だったら何とも情けないものです。

伊調馨選手は栄氏も元にいてはこれ以上勝てなくなる事を実感し師も元を去ったのです。

まさにトップの選手に指導力の無さを突きつけられたようなものです。

そのような理由で自分の元を去ったことが余程許せなかったのでしょう。

栄氏はそれを受けて権力を利用して様々な圧力をかけ始めたのでした。

自分の元を去ったからといってレスリング界から有能な選手を消し去ろうとするというのはいかがなものでしょうか?

スポンサーリンク



栄氏の圧力によって何が起こったのか?

北京オリンピックの際も当時のコーチである田南部氏(元銅メダリスト)の所属する警視庁第四機動隊にて練習を重ねて金メダルを獲得しました。

当時の会見でも警視庁第四機動隊への感謝の意が述べられています。

そのオリンピック後に何と警視庁第四機動隊に出入り禁止になりました。

信頼を寄せていた田南部氏もコーチから降ろされ、男子の合同練習会にも参加させてもらえません。

今も圧力がかかり、練習場所すら定まっていないのです。

その状況を打開するための内閣府に告発状を提出

レスリング協会に告発状を出しても動いてくれるはずはないので公益社団法人を統括する内閣府に告発状を提出するも未だに動きはないようです。

もし内閣府が動き出したらレスリング協会としても調査をせざるを得ない状況になります。

内閣府が動いてくれないとなるとメディアに訴えるしかなく今はまさにそのような状態になっています。

スポンサーリンク


とめ

どう見ても腹いせにしか見えないですけど….

そこまでやる必要はあるのか?疑問に感じるところです。

栄氏は強化部長でありながら伊調馨選手の状況を全然把握していないというのは問題です。

この問題が早期に解決されてしっかりとした練習環境が整うことを願うばかりです。

このような状況ではメンタル面に支障をきたしてしまいます。

でもそのような心理状態で金メダルを取ることができる伊調馨選手。

こんなに実績もあり有望な選手を潰してはいけません。

伊調馨選手にとっては東京オリンピックはおそらく最後のオリンピックになるでしょうから五連覇して有終の美を飾らせてあげたいものです。

圧力に屈せずがんばれ!伊調馨選手!

応援しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする