日本人であればだれもが行ったことはなくてもテレビなどで目にしたことがある広島の原爆ドーム。

日本に初めて投下された原子爆弾。

世界で初めて投下された原子爆弾。

その爆心地からわずかに160㍍しか離れていないのに残存している奇跡の建物「原爆ドーム」

日本人として一度は行きたい世界遺産の一つです。

原爆ドームは奇跡の建造物!これが原爆の象徴だ!

1945年8月6日

この日が人類史上初原爆が使用された日となってしまった。

猛烈な放射線により多くの人々の人生を一瞬にして奪ってしまった原爆。

その原爆の投下地点よりたった、160mしか離れていないのに奇跡的に焼け残った建物がこの原爆ドームなのです。

元々洋風のきれいな建物であった原爆ドーム。

いまや原爆投下の象徴になっているのです。

原爆の象徴として保存された原爆ドーム

原爆投下の被害から復興しつつある広島。

その中で67年以降、原爆投下の象徴として保存作業が続けられてきました。

過去の凄惨な人類史上初の大きな過ちを物語る施設になっています。もし行ったことがない方、ぜひ一度は行ってください。考え方が変わるかもしれませんよ。

さいごに

世界遺産に登録された原爆ドーム。今この御時世でも同じ場所に鎮座しています。これからも世界が平和でありますように。

おすすめの記事