【サブスク】サブスクリプションとは?おすすめサブスクのご紹介

今、このモノが売れない時代で目立ってきているのがサブスクと呼ばれる定額で使い放題となるサービスです。

サブスクはサブスクリプションの略で食事や車、ファッション、デジタルやエンタメなど様々な分野で需要が急速に伸びています。

2019年の流行語大賞にもノミネートされたサブスクリプションですが実は昔からあるのです。

新聞や雑誌の定期購読もこのサブスクリプションです。

最近ではサブスクの流行の始まりはデジタルエンタメ業界 Netflixやアマゾンプライムといえるでしょう。

確かにすごくお得感がありますよね。Netflix は映画見放題付き800円でアマゾンプライム映画見放題、音楽聴き放題、本読み放題付き500円で魅力的ですね。世界で一億人以上が利用しているという定番のサブスクです。

大人気サブスク!今はモノを買うより借りる時代なのかも...ついに東急までサブスク導入

サブスクの流行の始まりがデジタルエンタメ業界NetflixやAmazonですが、定額サービスというと夢の国などの年間パスポートなどもそれにあたるので、サブスクという言葉自体は最近耳にするようになったのですがサブスク自体は以前から身の回りにたくさんあったのです。

多くの人が利用しているのがスポーツジムのサブスクですよね。1か月で定額を払えば何回でも行ってもよいというようなシステムのところが多いと思います。私の場合は一度利用していたことがあるのですが、結局月に1回から2回くらいしか行かずにもったいないのでやめた事があります。せっかくなら元を取りたいところなのですがどうしても忙しかったり、行く気にならなかったりという理由で続かなかったのです。

あまり行かない人にとっては回数券とかの方が向いていますね。

ただしっかりと行くことできる方にとっては大変お得なシステムであるといえます。

自分に合ったサブスクを見つけることができれば、より安く快適に生活が便利になるのではないでしょうか。

モノを借りるなどのサブスクも家の中がごちゃごちゃにならないため人気があるようです。

しかも最新のものを常に使うことができるという素晴らしい利点があります。

最近ではモノを買うよりも借りる時代に変わってきているのです。

サブスクは企業側にとっても非常にありがたいシステムでこれまでのビジネスは消費者が買ったら終わりで売れる時と売れないときで収益が不安定でした。それがサブスクになると契約は顧客との関係性が継続するということで安定した収益が認めるという見込めるようになりました。ですからより品質の高いサービスを提供できるようになったのです。

今回は今流行りのおすすめのサブスクリプション(サブスク)をご紹介したいと思います。

今おすすめのサブスクをご紹介します!様々なジャンルで大活躍!

今やどの分野においてもサブスクが広まってきています。車や自転車を借りたり、洋服を借りたりといったように昔では考えられない様々な種類のものがあります。そこで今回は今注目のサブスクをご紹介させて頂きたいと思います!

楽楽清算で煩わしい月末業務をラクラクに!

国内でも数千社が導入しているというもはや経理の定番となりつつあるシステムです。これを導入することによって経理の負担はグッと減ること間違いなしです。経費の精算に時間を割かれて経理の本来の仕事をできないと困っている会社の方はぜひご覧ください。

毎月定額で知育玩具が自宅まで届くんです!知育玩具レンタル【TOYBOX】

毎月違った知育玩具が届くのでお子様も飽きずに楽しく学習しながら遊ぶことができます。しかもお客様からのリクエストなどにも対応してくれるので満足度は高いはずです!お子様一人一人に合った知育玩具を届けてくれるので本当に便利なサブスクといえるでしょう。

これは見逃せないブランドバッグが使い放題の【ラクサス】

ブランドバッグは流行の移り変わりが激しいですが、もうこれで安心です。自分では流行に合わせて高価なブランドバッグを簡単には買い替えることができませんが、このサブスクを利用すればもうそんなお悩みとはおさらばですね。やはり常に流行りのバッグを持っていたいというユーザーの心をがっちりとつかんだサブスクなのではないでしょうか。

定期的にお花が自宅のポストまで届くなんて素敵!【Bloomee LIFE】

日本初のこのサブスクに注目が集まっています!素敵なお花が定期的に自宅に届けられるんです。キレイなお花を見ていると心が穏やかになりますし、家の中が一気に華やかになること間違いなしです。これしかも毎週季節のお花を届けてくれるので週替わりで新しい花を楽しむことができるのです。おすすめです!

このように今流行りのサブスクは役に立つものばかりといえます。上手く活用することで生活が便利になったり仕事の効率が格段に良くなったりすることがあります。

コンタクトレンズを定期的に届けてくれたり、シェアサイクルを利用できたりと多種多様なので自分に合ったものが見つかればよいですね。

東急もサブスクリプションを始める!東急のサブスクとは?

東急線沿線にある映画館109シネマズ(対象の映画館)で1日何本見ても一か月見放題と蕎麦一日一杯無料(かけそば又はもりそば)、電車・バス乗り放題の交通と娯楽と食事全部合わせたサブスクが3月1日から使用できるようになります。

その名も「東急線・東急バス サブスクパス」

このサービスは東急線全線・東急バス沿線の乗り放題が基本となっているのですが、オプションとして東急の駅にある「しぶそば」の定額パスや「映画館109シネマズ」の見放題パス、専用電動自転車と駐輪場の貸与サービスなどがつけられるということです。

今は映画が大人1,900円で1か月毎日見るとすると57,000円、しぶそばのかけそば・もりそばは320円なので1か月毎日食べると9,600円ですからそれだけで66,600円になります。「電車&バス+電動自転車+109シネマズ+しぶそば」が36,500円で購入できるので、もし毎日映画とそばに行くことができるのであればかなりお得なものとなっています。

毎日映画を見に行って、しぶそばでかけそばやもりそばを食べる人はなかなかいないと思いますが、東急線や東急バスを毎日利用している人であれば元が取れる可能性があります。

そのオプションの中でも「専用電動自転車と駐輪場の貸与サービス」があり、「東急線全線・東急バス沿線の乗り放題」との組み合わせが一番私の中では実用性が高そうな感じがします。

1.名称
    「東急線・東急バス サブスクパス」

2.発売価格
    2020年1月16日(木)から申込開始
・電車&バス+109シネマズ+しぶそば       33,500円(約1,120円※)
・電車&バス+109シネマズ            30,000円(約1,000円※)
・電車&バス+しぶそば               23,500円(  約790円※)

    2020年2月10日(月)から申込開始
・電車&バス+電動自転車+109シネマズ+しぶそば 36,500円(約1,220円※)
・電車&バス+電動自転車+109シネマズ      33,000円(約1,100円※)
・電車&バス+電動自転車+しぶそば         26,500円(  約890円※)
・電車&バス+電動自転車              23,000円(  約770円※)
・電車+電動自転車                 18,000円(  約600円※)
      ※カッコ内の金額は1日あたりの目安(1か月30日で計算)

3.期間
    チケット申込期間                 チケット有効期間

2020年1月16日(木)~2月9日(日)⇒2020年3月1日(日)~3月31日(火)
     2月10日(月)~3月8日(日)⇒     4月1日(水)~4月30日(木)
     3月9日(月)~4月12日(日)⇒     5月1日(金)~5月31日(日)

4.販売サイト
    「SALUS ONLINE MARKET」(サルースオンラインマーケット)

東急電鉄ウェブサイトより引用

「東急線・東急バス サブスクパス」についてはこちらから

サブスクサービスの中には人気がありすぎて中止になったものもある

人気が出すぎて予想をはるかに超えた売れ行きで中止になったサブスクもあります。それは皆さんご存じの焼肉チェーン牛角の一か月焼肉食べ放題サブスクです。

あまりにも飛ぶように売れたため、サブスク以外のお客さんを入れることができなくなってしまったのです。確かにこのサブスクは魅力的ですよね。

最初は店内にポスターで貼ってあった程度だったそうですが、それがSNSなどで拡散されそのような事態になってしまったようです。

さいごに

今流行りのサブスクですがよく使うサービスでサブスク契約をした方がお得になりやすいですね。

今やモノも買うよりも新しいモノをどんどん借り換えていく時代になってきていますね。これからのサブスクはどんどん進化していくことは間違いありません。そして生活をより便利に安くしてくれることでしょう。

おすすめの記事