富士急ハイランド:何と入場料無料になる!赤字にならないの?

山梨県にある富士急ハイランドが入園料を無料にすることを発表しました。

絶叫アトラクション好きなら誰もが行きたい富士急ハイランド。

絶叫アトラクションの迫力には見ているだけでも圧倒されてしまいます。

「あんなスピードで落ちていくなんて、ヤバっ。」

「あれ何Gかかっているんだろう。」

そのアトラクション待ちをしている時に眺めているだけで足がすくみます。

その富士急ハイランドに何と入場料無料という情報が飛び込んできました。

その真相はいかに!?

入場無料ならばかなりお得な気がしますが…

スポンサーリンク



富士急ハイランドが入場料無料にした理由とは?無料にしても採算がとれるのは何で?

富士急ハイランドの現在の入場料を知っていますか?

現在の入園料は小学生以下900円中学生以上は1500円となっているんです!

それが今年7月から0円、すなわち無料になるのです。

入場料を無料にした理由は富士急ハイランド周辺に観光に来た客を取り込むためなんです。

富士五湖周辺のエリアには年間で230万人にも及ぶ人々が観光でやってきます。

その富士五湖周辺に来た観光客に対して富士急ハイランドをもっと身近に感じてもらいたいという意図があってこの入場料無料が実現したわけです。

入場料無料が実現すると今まで立ち寄らなかった観光客の中でも

「一回入ってみたかったんだ、少し寄って行ってみようか。」

という思いになる人も現れてくるでしょう。

しかも別の視点から見てみるとそもそも富士急ハイランドはUSJ やディズニーランドというようなテーマパーク自体の雰囲気を楽しむものではなく純粋にアトラクションを楽しむところです。

ですから入場するだけなら無料でもよいわけです。

スポンサーリンク


富士急ハイランドにたくさんお客さんが来ても入場料無料じゃ赤字になるんじゃないの?

世界各国のテーマパークが軒並み入場料を上げている中、それに反して入場料無料にする富士急ハイランド。

赤字にならないのかが気になりますよね。

入場料無料にすると当然来場者は増えるでしょう。

そうするとお土産が多く売れたり、レストランなどの飲食による収入は増えると思いますがそれだけでは今まで得られるはずであった入場料を賄うことはできません。

そこで現在絶叫人気アトラクション(「ド・ドドンパ」「高飛車」「FUJIYAMA」「ええじゃないか」等)にかかる料金一回分1,000円を値上げしようというのです。

富士急ハイランド入場料無料化に伴い2倍から2.5倍の値上げになるとしています。

ということは2000円から2500円に値上げされるということですね。

アトラクションをウリにしているわけですから、それに乗るために来場したお客さんは少し高くて乗りますよね。

でも来場して一回だけアトラクションに乗るのであれば従来と変わらないと思いますが、2回乗るとなると話は別です。

【従来】 入場料1,500円+絶叫アトラクション1,000円+絶叫アトラクション1,000円=3,500円

【入場無料になってから】 入場料無料+絶叫アトラクション2,000円+絶叫アトラクション2,000円=4,000円

あれ?

2回目からは前より高くなっていますね。

ですから2回以上乗りたい方はフリーパスを買った方がお得かもしれません。

フリーパスの値段は変わらないそうですよ。

今のまま大人5,700円です。(前売りは大人5,200円)

富士急ハイランド公式HPはこちら

富士の裾野にあるアミューズメントパークとして“世界一”のアトラクションを多く備え、園内にはテーマパーク「トーマスランド」と「リサとガスパール タウン」も併設し、老若男女を問わずお楽しみいただける遊園地「富士急ハイランド」

さいごに

入場料が無料化された後は富士急ハイランドへ行ってチョイ乗りがおすすです。

「ちょっと行ってドドンパだけ乗ってこよう。」

「ドライブついでによってFUJIYAMAだけ乗らない?」

という新しい楽しみ方が増えるのです。

でもほとんどの乗り物が高くなってしまうと、

「フリーパスを買うまでもないかな。」という事はできなくなります。

特にトーマスランドを値上げされると小さな子がいるご家庭では少し困るかもしれません。

入場無料でも駐車場料金普通車1,500円はかかりますのでご注意くださいね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする