【ノドグロ】アカムツとクロムツの違いとは?どちらもノドグロですが

アカムツという魚をご存じでしょうか?

ノドグロと呼べばわかる方はたくさんいるのではないでしょうか。

ノドグロは白身の大トロと呼ばれている魚で石川県の「食べてみたい・飲んでみたいもの」で常に上位にランクインする高級魚です。

ノドグロは上品な脂が乗っていて口の中に入れると甘みがあり、非常に美味といえます。

人によっては

「いくら高くても食べたい」くらいの非常に人気が高い魚です。

確かにノドグロって美味しいんですよ。

私的には刺身や煮付けも良いのですが、刺身を少し炙ったものが一番好きです。

少し炙ってあるとより甘みが濃厚に感じてクセになりますよ。

あんな高級魚がクセになったらお金がかかって大変ですけどね。

アカムツとよく似た「クロムツ」という魚も存在します。

この魚も実に美味なのです。

アカムツクロムツ見た目もそっくりなのでクロムツを赤くしたらアカムツにしか見えません。

スポンサーリンク


アカムツにそっくり!クロムツってどんな魚なの?

アカムツノドグロと一般的には言いますが地域によってはクロムツもノドグロと呼ばれているそうです。

紛らわしいですね。

だけどクロムツも脂の乗りも良く、味も食感にいたってもアカムツに引けを取りません。

だからノドグロを提供する店の中にはクロムツノドグロと称して出すところもあるそうです。

確かにある地方でノドグロと呼ばれてはいるので嘘というわけではないですが、何か腑に落ちない感じがします。

私なんて味に敏感なわけでもないので

「おっ!さすがはアカムツだな~脂が上品な事。」

なんて自慢気に言ってしまうでしょう。

お客さんはノドグロアカムツだと思っている人が大半だと思いますので、これを知らされたら騙されたと思うことは間違いないでしょう。

知らない方が幸せなこともあるのですよ。

美味しいと思えばアカムツでもクロムツでも良いのですが、価格は全然違います。

その差は約二倍だと言います。

それをノドグロ(アカムツ)の値段でクロムツを提供されると気分が悪いのは当然です。

そこで

クロムツノドグロと呼ばれているんですよ。」

なんて言ったところで何の解決にもなりません。

いっそのことクロムツクロムツとして出せばよいのですよ。

クロムツだってとても美味なわけですから。

人によって好みは様々でありクロムツの方が好きだという人も多いかもしれません。

「アカムツ🆚クロムツ」

~本物のノドグロの栄冠はどっちに?~

みたいな対決をすれば面白いと思うところです。

スポンサーリンク



アカムツクロムツは形や味はすごく似ていますが種類が違います

アカムツはムツと名前についているのにも関わらず、ムツ科ではありません。

クロムツこそがムツ科の魚なのです。

こういうとまるでアカムツの方が偽物っぽいじゃんなんて思えますが紛れもない事実です。

アカムツは聞いたこともない「ホタルジャコ科」の魚です。

「何だそれ?」

って感じですね。

アカムツはその名の通りノドが黒いからノドグロと呼ばれているのですがクロムツのノドも もちろん黒いです。

クロムツは体も黒いですし、ノドも黒いとなれば本当のノドグロクロムツなんじゃないの?と感じます。

でもどちらもノドグロなのは間違いないので店頭などで誤解を防ぐためにノドグロ(アカムツ)、ノドグロ(クロムツ)という表記をした方がよいのかもしれません。

あくまでも現在の一般的な認識はノドグロアカムツですから、特にノドグロを出す店にはお客さんにどちらのノドグロなのかをしっかりと明示した方が誤解を防ぐことができます。

ノドグロ食べたくて行ったのにノドグロの偽物が出てきた。」

なんて言われたらお店の信用もガタ落ちになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク



ノドグロは金沢(石川県)の魚として有名です

北陸新幹線の開業によって首都圏からの観光客が激増し、テレビでもその当時多く取り上げられました。

金沢を紹介する際はグルメネタはどうしても外せないものであり、毎日のようにノドグロが映し出されていました。

まるで金沢が一大産地であるかのように

実は金沢ってノドグロの収穫量としては少ないのですが国内最大規模の消費地なのです。

ですからノドグロが全国から集まってくるわけなんです。

取扱量も築地を遥かに凌ぐ規模だといえます。

金沢ブランドとして売れば高く売れますから当然でしょうね。

集まれば集まるほど上物もたくさん入ってきますから、良いノドグロを食べたいなら金沢に行くのがベストでしょうね。

私は静岡県浜松市に住んでいるのですが金沢へはよく行きます。

東海地方からのアクセスもそこまで悪くないので観光旅行にはピッタリですよ。

こちらの記事もおすすめです!特に東海地方の方へ

先日、所用があり石川県金沢市へ行くことになりました。 観光スポットだけではなくグルメや温泉も充実しているのでどこに行こうか本当にまよっ...

東京からも新幹線で約二時間半程度ですからランチを食べに行くのもアリかなと思います。

ランチを食べて午後から金沢市内を軽く散策して帰るということもできます。

ランチを食べて新幹線に乗り、軽井沢のアウトレットで買い物をするということもできます。

新幹線開通によって旅にも様々な選択肢が増えたことはいうもでもありません。

スポンサーリンク


さいごに

ノドグロ人気が高まったのもここ最近の話です。

やはり背景にはテレビやインターネットの拡散力が影響しています。

私も友人のInstagramを見て食べたい欲求が強まることはよくあります。

さすがに食欲には勝てません。

せっかく食べるなら美味しい店に行きたいですから情報収集が非常に大切です。

特にノドグロの調理は魚自体が大変弱く、すぐに傷むそうで調理人の技術力が試されるのです。

美味しいノドグロを食べるなら確かな腕を持った熟練の料理人に出会うことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする