【サンコー企画】路面標示材「クイックシート」がすごい!

石川県河北郡津幡町(つばた)にあるサンコー企画という会社ですがサンコー企画という名称はあまり聞いたことがなくても、ここで作られた商品は見たことがある人が多いのではないかと思います。

その商品とは「クイックシート」という名称で全国的に普及しているものです。

「え?そんなの聞いたことないし、使ったこともないよ。」

家庭ではまず使いません。

「化粧落とす時のシートでしょ?」

クイックだからスムーズに早く落とせそうですね。でも違います。

「ああ、あれね。花見の時に早く広げられるシートでしょ?」

場所取りが重要ですから…って全然違います。

色の鮮やかさくらいは共通かもしれませんが。

一般家庭で使うことはまずありませんから知らなくて当然です。

スポンサーリンク


クイックシートとは超簡単に路面に施工できる色調鮮やかな路面標示材です!

路面標示材と聞いてもなかなかピンときませんが道路に行くと必ず目にするものです。

「止まれ」とか「スクールゾーン」または「駐車禁止」などの路面標示みた事ありますよね。

外へ全くでない方もいるかもしれませんからご紹介しましょう!

これですよ、これ。

見たことありますよね。

でも立ち止まって真剣に眺めたことがある方は少ないかもしれません。

あの路面標示どうやって作られているか知っていますか?

今までは路面に直接塗料を塗っていたそうです。

今回ご紹介しているクイックシートはあくまでも「貼る」のです。

ということは通行止めにして時間をかけて行うことがなくなるわけです。

通行止めなんて関係ないと思うでしょ?

通行止め=渋滞発生ですから朝だと相当イライラしますよ。

「道路に絵書いてる暇あったら、通してくれよ。」

「そんなの夜中やれ!」

とか思いながら渋滞に巻き込まれることがかなり減ることでしょう。

一般的なサイズのものなら何と驚きの施工時間約10分!

しかも一人でバーナーであぶるか、ハンマーで打ち付けるだけという手軽さなんですって。

しかも工場で作られて持ってくるから、品質にばらつきがなく今まで描きにくかった複雑な絵や文字もきれいに仕上がります。

歩いていると稀にお世辞にも上手いとは言いがたい路面標示ってありますよね?

はみ出ているとか斜めになっているとか。

まあ個性があってよいのかもしれませんが、キレイな方が気持ち良いことは間違いありません。

スポンサーリンク



路面標示は10社近くが作成しているがサンコー企画のものは他と一線を画しているシートです!

どのように一線を画しているのかって?

それはただシートの表面に印刷されているわけではないことです。

他社の製品はただ表面に印刷しているだけなので摩耗によりすぐに薄くなってしまいます。

交通量が多いとすぐ見えなくなり、また工事をしなければなりません。

サンコー企画クイックシートは印刷ではなく素材そのものに色が混ぜ込まれているものを組み合わせて作られているそうです。

ということは中身にも着色されているということですから、摩耗しても摩耗しても色が消えないということですから耐久性も申し分ないでしょう。

これが最大の長所であるといえます。

これから益々需要も増えることでしょうから今後の展開に期待が持てますね。

スポンサーリンク


さいごに

最近は駐車場などでも色鮮やかな路面標示を多く見られます。

EV充電スポットを示すものなんかは鮮やかな青色をしていますよね。

本当に一目でパッとわかるように描かれていて素晴らしいと思います。

混雑している駐車場の中でEV充電機だけが立っていてもなかなか気づきにくいものですから、このように目立つようにしてあると本当に助かります。

色鮮やかな方が目立つに決まっていますし、キレイに見えるため商用施設においてもイメージが良くなるでしょう。

道路では耐久性が高いため張り替えのコストも下がるし、一人で作業できることにおいても人件費が削減できますから税金の節約にも繋がるわけです。

まさに良いことばかりですね。

道路や歩道などで鮮やかな路面標示が見られたら、それはサンコー企画で作られたものかもしれませんよ。

でも道路などでは周辺の状況によく注意して見てみてくださいね。

安全のための路面標示を眺めていて交通事故にでもあったら元も子もないですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする