【片手クッキング】片手だけで料理できます!

今、片手クッキングが注目されていますが脳血管障害で手に障害がある、手に大けがをして使えないといった方にとってはまさに画期的だともいえる方法です。

それ以外でもこの忙しい現代社会において食事を作りながらでも仕事を進めたいという超多忙な方にとっても片手が空くことで作業が進められるメリットがあります。

スポンサーリンク


ラリンピック選手も学んでいる「片手クッキング」とは?

元々手の不自由な方向けに開発された料理法といえますがさてどういうものなのでしょうか?

これで日常生活も安心!片手クッキングで料理する楽しみを再び!

片手クッキングを行おうとするとまず必要になってくるのが道具です。

片手が使えないということはどうしても切ったりするときに支える事ができませんよね。

支えるものがないと食材が滑ったりしてとても切るという作業だけでも困難を極めます。

ですから支えるものを作れば片手でも簡単に切ることができるようになるということですね。

例えば「まな板」であれば食材を安定させる突起があれば食材をそれに引っ掛けることによって滑らず切ることができるようになります。

実際にまな板に釘を刺して食材を固定する方が片手クッキングの教室などで紹介されています。

どの料理の工程においてもこのようにあくまでも片手で全て作業できるように様々な便利アイテムが登場しているのです。

業療法士など専門家による片手クッキングの紹介イベントが行われることも…

作業療法士とは入浴や食事などの日常生活上で必要な作業等をできるようにリハビリテーションを行う専門家です。

この作業療法士の方々等が片手クッキングイベントなどへ行くと片手でもより安全性が高い方法を伝授してくれます。

片手を使わないように料理するとなると想像以上に難しいですから障害などがなくても一度体験してみるのもよいかもしれません。

いつでも誰でも片手が使えなくなる可能性はありますから。

便利アイテムとこの技術さえあれば、たとえ片手が不自由になったとしても料理を作る楽しみをあきらめなくてもよいですね。

この片手クッキングは最近では病院などでもリハビリに取り入られることもあり、片手が不自由でもできるだけ日常生活において自立した生活が送れるようになるでしょう。

スポンサーリンク


とめ

元々全て外食で済ませている方にとっては無用の産物であるといえますが、普段から自炊している方にとっては料理ができなくなることは本当に困ると思います。

料理のみならずそれに伴うメニューを考えたり、食材の買い物に行ったりするのも楽しみの一つでありますから、料理ができることによって外出したり学んだりと様々な刺激を受けることができます。

どうしても体が不自由になると外出は億劫になりがちだと思いますが、料理を通して日常生活をできるだけ元通りにすることばかりか生きる活力を蘇らせてくれるかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする