たくさんあるブラック校則:中にはあまりに理不尽なものも

今ツイッター上で話題になっているブラック校則ですが、見てみると信じられないものがたくさんあります。

校則は各学校によって決めることができるため学校によって違いが出てきます。
ゆるい規則もあればやや厳しい規則もあるのではないでしょうか。

校則については勉学への姿勢のみならず生活態度や学校外の行動にまで定められている場合がほとんどです。

最近は昔と違って生徒や保護者の意見も取り入れられるようになってきたようです。
確かに学校の主張で決めることは好ましいといえませんから。

でも学校によって違うせいであまりに理不尽ともいえるような校則が存在するのも事実です。

その「何もそこまで決める必要があるのか」という校則が「ブラック校則」と呼ばれます。

それを守るために厳しすぎる指導が行われていたり、第三者から見ると異常性さえ感じることがあります。

スポンサーリンク


~そんな事まで決まってるの?生徒を困惑させるブラック校則の数々

あげていけばキリがないと思われるブラック校則ですが、いくつかご紹介したいと思います。
生徒たちを困惑させて中には不登校になる生徒まで出てきているあり得ない校則がたくさんあります。

  • 男子生徒に丸坊主を強制する
    これはひと昔前の中学校での校則に比較的多く見られたものではないでしょうか。
    おそらく何で坊主にしなきゃいけないんだと思った方はたくさんいることでしょう。
    よく考えてみるとかなり人権に抵触する要素が強いといえるでしょう。
  • 部活中に水を飲んではいけない
    こんなきまりがあったら熱中症になる生徒が増えるだけだと思いますが、確かに存在しました。
    昔は熱中症に対する知識も薄かったのでしょうね。
    さすがに今はこんなに異常な校則はないでしょうけど。
  • 地毛を黒髪に強制的に染髪させる
    なんでそこまで「黒髪」にこだわる必要性があるのか疑問に思いますね。もはや身体を傷つける傷害行為に等しいこの問題行為。髪の色を意図的に変えた生徒に対して指導するのは分かりますが、地毛が茶色の生徒にそのような指導をするのは明らかにおかしいですね。こんな事にも臨機応変に対応できないような教師に指導すべきではないのでしょうか。地毛証明書なるものを提出するように言われたなどの情報もあります。もう少し生徒を信用してもよいのでは。
  • 下着の色を決めたり、それを確認する行為
    下着の色まで決めるのは完全にハラスメント行為ではないかと思いますが。こんな校則を承認してしまうような学校には行きたくありませんよね。これを聞いた時は本当に驚きました。明らかにおかしいでしょ。今もこんな異常な校則がある学校はいますぐに改善すべきであります。
  • 誰かの校則違反を通報したら自分の校則違反を帳消しにしてくれる制度
    まるで江戸時代の隣組制度を彷彿とさせるような明らかに他人のあら捜しをしてしまうように仕向けたような悪質な校則ですね。こんな校則があったら疑心暗鬼になってしまい心からの友人はできないでしょう。

スポンサーリンク



  • どんなに寒くてもマフラーやコートを禁止
    これ単純に嫌がらせですかっていうような校則ですね。学校で風邪やインフルエンザを予防するために「手洗いや換気をしましょう!」なんて言っているのに寒さで体温を低下させて免疫力を失わせるというのは悪行といえるでしょう。教師たちはさぞかし暖かい恰好で通勤するのでしょう。少しは生徒の体調を気遣った方がよいのではないかと思います。
  • 眉毛の手入れを禁止する
    眉毛を手入れするのは身だしなみを整える行為であり、規制されるべきではありません。ボサボサの眉毛を見たら誰だって良い印象は受けないと思いますが。眉毛を手入れすると親まで学校に呼び出しになるような大ごとにする学校まであるというから驚きですね。
  • 携帯電話の持ち込み禁止
    まさに時代遅れのおかしな校則です。今時携帯電話をほとんどの生徒が持っていると思いますが。授業中にゲームとかメール・ラインなどで集中しないのでは困りますが、持ってくるだけなら別にいいでしょ、使用しなければ。

いかがですか?

少しだけ紹介するつもりでしたがあまりにも数が多すぎて選びきれずに特に気になったものをご紹介しました。
思い返してみると自分も昔学生だった頃にはこの校則に縛られて生活していたわけですが、このような異常な校則は無かったように感じます。おそらくまともな学校だったのでしょう。

スポンサーリンク



いごに

あまりにも学生が可哀そうだと思うような校則がたくさんあります。
単純に学校の上層部の管理能力に問題があるため、このような厳しいブラック校則が出来上がってしまうのでしょう。

ブラック校則を遵守するべく厳しい指導を受け不登校になった生徒もいます。

いまこれだけ問題視されているのですから学校関係者は自分の学校の校則を改めて見直してくれることを望むばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする