インフル花粉症とは?最強マスクで予防しましょう!

毎年この時期になると花粉症に悩まされる方も多くなってくるのではないでしょうか?
スギ花粉による花粉症は今や国民病と言ってもいいくらいの困った病の一つです。
マスクをしても鼻水がとめどなく出るし、目はあり得ないくらい痒い….
鼻が常に詰まっているから呼吸が辛く、頭がボーっとするとか何一つ良いことはありません。
病院へ行って薬を処方されても、いまいち効果が薄い。
鼻かみすぎてティッシュペーパーを大量消費して鼻の下が赤くなり痛くなる。
せっかく暖かくなってきて外に出ようかと思っても出る気にすらならないでしょう。
外に出ている時は花粉に反応するのは当然だとしても家に入った後も治まる気配がない。
衣類に大量に花粉が付着していますから家の中まで大量に持ち込んでいるため外と何ら変わりません。

スポンサーリンク


多くの人を悩ませる「花粉症」、インフルエンザが合併すると大惨事!

この時期は花粉症が流行っているのはもちろんですが依然としてインフルエンザも全国各地で発生しています。
花粉症にかかっていつからといってインフルエンザにかからないということはありません。逆にインフルエンザにかかっているらといって花粉症が発症しないわけでもありません。
その二つが同時にかかると想像を絶するような苦しみを味わう事になります。

インフルエンザで弱っている体に花粉が入ると通常の花粉症にかかった時も症状よりも重症化するというのです。
そもそもインフルエンザB型の場合は軽度の場合くしゃみや鼻水、咳といった花粉症や風邪によく似た症状が現れてきます。

その程度の症状の場合、多くの人はしばらく様子を見るか近隣の薬局にて市販薬を購入するか位の対処しかしないでしょうね。

ただの花粉症と思って病院に行かないでいると思ったよりも重症化して喘息によく似た症状が現れる事があるそうです。

喘息にかかった時の症状というのは咳、痰、呼吸困難が発生するということです。
喘息は夜間の症状がひどく息をするときにもヒューヒューといった音がして大変苦しそうですね。
気道が狭くなっているのだと音だけでも考えてしまいますね。
それとともに激しい咳に悩まされることになります。
激しい咳を繰り返すと胸部の筋肉に痛みが発生したり、最悪の場合肋骨が折れてしまう場合もあります。

ではそんな状態にならないためにはどうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク


インフルエンザと花粉を同時にブロックするマスクを着用せよ

やはりウイルスや花粉の体内への侵入を防ぐしか方法はありません。
鼻と口からの侵入がほぼ全てだと考えられますので鼻と口という二大感染元を感染源に触れさせなければよいのです。
しかしながらどういうマスクを着用すればよいか分からないという方もいらっしゃいますよね。
そこで今日はオススメの最強マスクをご案内させていただきましょう!

その名も

Pittarich(ピッタリッチ)

もしかすると知っている方もいるかもしれません。
テレビで紹介されてから爆発的に売れている商品です。
ウイルスはもちろんの事、花粉やPM2.5も99%防いでくれる高性能。
しかも放射性物質のセシウムまで防ぐことができる高性能最強マスクです。
日本全国の病院や各種学校、給食センターや何と原子力発電所でまで使われているそうです。
お値段は少々高額だと思いますがそれに見合った効果は確実にあります。
再利用することもできますので一回買えばしばらくはそれ一つで身体を様々な脅威から守ることができます。

あのフィギアスケート金メダリスト羽生結弦選手も愛用のスーパーマスクPittarich(ピッタリッチ)

楽天商品リンク

このマスクでインフルエンザや辛い花粉症ともおさらばですね。
テレビで紹介されてから購入者続出の人気商品となっていますのでご購入の際はお早めに。

とめ 

予防法としては外部からのウイルスや花粉の進入をできる限り減らすというのが一番重要です。
ですからマスクを着用すると同時に従来通りの手洗いや体の免疫力を上げるといった基本的な事も合わせて行うことで感染のリスクを限りなく減らすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする