千田真司・瀬奈じゅん夫妻:特別養子縁組で親になった

千田真司といえば舞台俳優で2012年に元宝塚歌劇団月組のトップスターであり現在は女優の瀬奈じゅんと結婚して話題になっていました。

その夫妻が特別養子縁組で子どもを授かったことを公表しました。

何とまだ0歳の乳児が新しい家族として迎え入れられたそうです。

スポンサーリンク


通養子縁組とは異なる特別養子縁組とは?

簡単にいうと特別養子縁組の方が本物の親子に限りなく近くなるという点でしょうか。

特別養子縁組になると実親との親族関係は無くなります。

普通養子縁組の場合は親族関係は継続されますので2組の親ができることになります。

特別養子縁組と普通養子縁組の違い

  • 普通養子縁組は当事者の意思により自由に縁組できるのに対し、特別養子縁組は父母による監護が著しく困難または不適当などの特別の事情があり、子のために特に必要でなければならないこと。ということは特別養子縁組については養子となる子どもの意思ではどうにもならないということです。そもそも6歳以下ではしっかりとした意思表示能力は示せるものではないと思いますが。
  • 普通養子縁組は自分や配偶者の直系卑属(孫や連れ子など)の場合家庭裁判所の許可なく縁組できるのに対し、特別養子縁組は家庭裁判所に審判請求をしなければならないこと。特別養子縁組の場合は限りなく本物の親子に近い関係性を築くことになるので当然審査は慎重に行われるべきでしょう。
  • 普通養子縁組は年齢制限は特に無いのに対して、特別養子縁組は特別な理由がない限り6歳未満でなければならないこと。それ以降は原則家庭裁判所に審判請求できない。特別養子縁組が6歳未満とされているのは物心がつく前である必要性があるからだそうです。確かに小さい頃から育てられているほうが、より自然に子どもとして育てられますね。
  • 普通養子縁組は年少者であれば養子となることができるのに対し、特別養子縁組は夫婦であり尚且つ夫婦どちらかが25歳以上でなければならないこと。本物の親子同様になることが特別養子縁組の目的であるためその子どもがしっかり育てられる環境でなければいけません。

大まかに普通養子縁組と特別養子縁組の違いをご紹介しました。

スポンサーリンク


とめ

千田真司・瀬奈じゅん夫妻にとっては念願のかわいい子どもであることでしょう。

特別養子縁組とはもはや養子としてではなく本物の親子になることに変わりありません。

すくすく成長していく子どもの成長を乳児のころから見ていると自然に本当の親になると思います。

明るく子どもが育つ家庭になると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする